このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

台風第15号・第19号で被害を受けた住宅への支援

更新日:2020年1月30日

住宅補修緊急支援事業を実施します(申請期限:令和2年2月28日)

 昨年の台風で被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
 令和元年台風第15号・第19号により被害を受け、り災証明書の判定結果で「一部損壊」とされた住宅で、補修工事を実施する場合に、工事費用の一部を補助する「墨田区令和元年台風第15号・第19号住宅補修工事緊急支援事業」を実施します。

対象となる住宅(貸家・空き家を除く)

 台風により屋根、壁又は床等を被災した墨田区内の住宅(貸家・空き家を除く)であって、区が交付したり災証明書の判定結果が「一部損壊」の建物

補助対象者(以下のすべてに該当する方)

  • 自己が所有し、かつ、自己が居住するり災証明書の交付を受けた住宅の補修工事を行う方
  • 令和2年2月28日までに補助対象確認申請書を区が受理した方
  • 令和2年3月19日までに補助金交付申請書を提出できる方
  • 自らの資力では補修工事ができない方、若しくは、補修工事を行ったことで生活に支障が出る方

※その他、要件がございますので詳細はお問合せください。

補助対象工事(既に工事が完了しているものも対象)

  • り災証明書に記載された被災箇所で、日常生活に必要欠くことが出来ない部屋(屋根、壁又は床等)を補修する工事で、第三者に発注し、申請予定者が工事費用の支払いを行う又は行った工事
  • 令和2年3月19日までに工事及び支払いを完了し、区に領収書等必要書類を添えて完了実績報告書を提出できる工事
  • 台風第15号の場合は令和元年9月9日以降、台風第19号の場合は令和元年10月13日以降に着手したもの

※日常生活に必要欠くことが出来ない部分についての詳細はお問い合わせください。
※その他要件がございますので詳細はお問い合わせください。

補助金の額

 住宅1戸につき1回限り、補助対象工事に係る費用(消費税込)の2分の1の額又は30万円のいずれか低い額

手続きについて

 事前相談のご予約の上、区役所9階防災まちづくり課までお越しください。事業の要件、手続きの流れ、必要書類等についてご説明いたします。

補助対象確認申請時に必要な書類

  1. 資力不足に関する申出書
  2. 補修工事着手前の被災住宅の被災状況が分かるカラー写真又はこれに代わる資料
  3. 被災住宅の補修工事の見積書の写し(補修工事完了済みの場合は住宅補修工事実施証明書)
  4. り災証明書の写し
  5. 補修工事の箇所及び内容が分かる図面等
  6. 被災住宅の所有者が分かる書類(家屋の固定資産税納税通知書のコピー等)
  7. 住民税の納税状況が分かる書類(完納済みがわかる納税証明書、非課税証明書等)
  8. 申請者が被災住宅に居住していることが分かる書類(住民票等)

※この他にも書面添付が必要になる場合があります。

事前相談のご予約及び問い合わせ先

墨田区役所9階防災まちづくり課
電話:03-5608-6269

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは防災まちづくり課が担当しています。

本文ここまで