このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区防災行政無線が区ウェブサイト等で配信されます

更新日:2017年9月6日

墨田区防災行政無線システムのデジタル化に伴い、平成29年4月1日から、防災行政無線で放送する内容を、同時に区ウェブサイトやフェイスブック・ツイッターでも確認できるようになります。

防災行政無線デジタル化の経緯

区内の公園や小・中学校に配備している防災行政無線(同報系)の無線機は、災害時における区民の皆様への的確かつ迅速な防災情報の伝達手段として現在まで運用を行ってきましたが、近年の建物の高層化や道路交通量の増加による騒音等により、一部で難聴区域が発生しています。また、現行設備は昭和56年から運用を行っており、施設が老朽化していることや、電波法の改正により、平成34年までに設備を更新する必要があること等から、今回の防災行政無線のデジタル化再整備を実施することとなりました。

整備期間

(1)平成28年度 庁舎内設備更新・区ウェブサイト・フェイスブック等のシステム連携等
(2)平成29年度から平成32年度まで 屋外スピーカーの設備更新等

Q&A

無線のデジタル化ってなに?

区民の皆様に提供している防災情報は、防災行政無線のほか、区ウェブサイト、メール、フェイスブック等のあらゆる伝達手段を用いて提供することとしています。しかし、現在運用している防災行政無線はアナログ式の無線機を使用しているため、機器の拡張性がなく、他の防災システムと連携が難しい状況となっています。そこで、無線のデジタル化を行うことで、防災行政無線で放送した内容を、同時に、区ウェブサイト、メールフェイスブック等でも配信できるようになり、より迅速・的確に災害情報を区民の皆様にお伝えすることができるようになります。

具体的には何が変わるの?

区内公園・小中学校等に設置している屋外スピーカーを更新するほか、錦糸町駅前に文字表示板を設置いたします。これにより、音質が改善され的確な情報収集が可能となり、また、外国人や耳の不自由な方が文字情報による視覚的な情報収集が可能となります。

何か手続きは必要なの?

(1)フェイスブックやツイッター等のSNSから情報収集する場合は、事前にアカウント登録をする必要があります。
(2)すみだ安全・安心メールの配信は事前にメール登録が必要となります。
(3)緊急速報エリアメールの配信はドコモ・ソフトバンク・au等キャリア毎に設定が必要となります。

無線放送を聞き逃してしまったときは?

放送された内容を確認したい場合は、区ウェブサイトで確認できるほか、電話応答サービス等により確認することができます。

お問い合わせ

このページは防災課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで