このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

水害への備え

更新日:2018年7月12日

平成30年7月、西日本を中心に広い範囲で記録的な豪雨が発生し、大きな被害が出ました。
この水害により亡くなられた方々に謹んで哀悼の意を捧げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
墨田区でも、こうした大規模水害の発生に備えて、様々な対策をしています。
区民の皆様も、ハザードマップを確認するなど、大規模水害への備えをお願いいたします。

事前の情報収集

水害ハザードマップ

 墨田区水害ハザードマップは、荒川が氾濫した場合や局所的集中豪雨に伴う雨水出水(都市型水害)が発生した場合に想定される浸水の深さ、浸水が継続する時間等を地図と冊子でまとめたものです。水害発生に備えて、お住まいの地域の危険性の把握、非常用持出品の準備などにお役立てください。

すみだ安全・安心メール

 お持ちのスマートフォンやパソコン等のメールアドレス宛に、「すみだ安全・安心メール」として区内の防災・防犯情報等を配信しています。配信を希望する場合は、メールアドレスをご登録ください。

防災情報アプリ「墨田区防災マップ」

 墨田区防災マップは、墨田区の防災に関する情報をスマートフォンやタブレット端末で閲覧できるアプリです。事前にダウンロードすることで、万が一の災害時に、インターネット通信環境がない状態でも、アプリ内に保持した墨田区防災マップを参照することができます。また、スマートフォン等に搭載されたGPS機能を利用して、現在地から最寄りの避難所施設等を確認することができます。

緊急速報エリアメール・緊急速報メール

 災害発生時に一人でも多くの区民の方に災害情報や避難所開設情報等を伝達するため、各携帯会社が提供する「緊急速報エリアメール(NTTドコモ)」及び「緊急速報メール(KDDI、ソフトバンク)」を導入しています。これは、災害発生時に、区内に滞在する携帯電話ユーザーに対して、一斉に災害・避難情報を提供するものです。

区の水害対策

大規模水害対策

 近年、台風の強大化や局地的大雨の頻発化などにより水害が各地で発生し、被害が甚大化しています。こうした背景を踏まえ、東京東部低地帯に位置する江東5区(墨田区・江東区・足立区・葛飾区・江戸川区)は、同地域における大規模水害時の避難対応を検討することを目的とした「江東5区大規模水害対策協議会」を設置し、「江東5区大規模水害避難等対応方針」を策定しました。その後、広域避難及び関連する課題の具体化に向けた検討をするため「江東5区広域避難推進協議会」を設置し、協議をしています。 

防災行政無線

 災害が発生したとき、あるいは発生のおそれがあるときに、区民の皆さんに必要な防災情報を迅速・適切・広範囲にお伝えするため、防災行政無線の整備を行っています。区内の小・中学校や公園等に屋外スピーカー、町会・自治会長宅等には受令機を設置して、必要な情報を区民の皆さんにお伝えする態勢を整えています。

土のうステーション

 土のうステーションとは、区民の皆様が自由に使える土のう(約5キログラム)を保管しているもので、区内の公園等に設置しています。土のうを玄関前などに積み重ねて置くことにより、家屋等の浸水被害を軽減することができますので、水害発生時には、必要に応じて土のうステーションから土のうをお持ちください。

墨田区集合住宅防災対策用資器材交付制度

 台風による大雨や局地的な集中豪雨等による水害に備えるため、水害時に近隣住民の避難受入れが可能な集合住宅に対し、防災対策用資器材交付します。

問合せ

避難等に関すること

都市計画部危機管理担当防災課
電話:03-5608-6206

水害ハザードマップ、土のうステーションに関すること

都市整備部都市整備課
電話:03-5608-6290

お問い合わせ

このページは防災課が担当しています。

本文ここまで