このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

地域の安心、要配慮者サポート隊

更新日:2015年7月6日

 災害に備えて、避難行動等に不安のあるお年寄りや障害者の方などを地域の皆さんのご協力で支えあいましょう。
 

地域の安心、災害時要援護者サポート隊

災害時に避難行動などに不安をお持ちの方、ご相談ください。

 お一人暮らし、床に就いていることが多い、足腰が弱いといったお年寄りや、障害をおもちの方、万一の災害時にとっさの避難行動がとれるかどうか、ご心配はありませんか。心配だ、不安だという方は、ぜひご相談ください。
 ご近所の方々の協力で、お困りの皆さんを援助するサポート隊の結成を進めており、これまでに約7割以上の町会・自治会で結成していただいています。

区が進める要配慮者支援事業

(1)サポート隊結成支援
 地震などの非常災害時に、要配慮者の身の安全を確保するため、地域ぐるみによる連帯とふれあいのなかでの協力態勢を目的として、平成12年度からサポート隊の結成を進めてきました。
 区ではサポート隊に対して支援マニュアルの配布や、普通救命講習受講費用の負担等の支援を行ってきました。さらに平成20年度からは、サポート隊を結成した町会・自治会に対し支援資器材の交付を行っています。
(2)避難行動要支援者名簿の共有
 次に掲げる方々の情報をまとめた避難行動要支援者名簿を作成し、警察署、消防署、消防団、民生委員・児童委員、社会福祉協議会へ提供し、共有することとしています。
 ア 75歳以上の一人暮らし及び75歳以上のみの世帯の者
 イ 第1種身体障害者
 ウ 第1種知的障害者
 エ 要介護3・4・5の者(施設入居者を除く。)
 オ 自力では避難行動及び避難生活ができない恐れがある者で、本人または保護責任者の申請があった場合
(3)要配慮者避難支援プラン
 避難支援プランは、サポート隊、名簿共有機関、区、その他区民などが行う、要配慮者支援の活動内容や、名簿の共有範囲などについて、体系的に整理したもので、墨田区における要配慮者支援策の基本となるものです。

多くの皆さんのご協力が必要です。災害時の行動にお困りの方に力をお貸しください

 大災害の際には、初期消火、安否確認、避難行動など、地域の皆さんの連携による初動対応が不可欠です。
 中でも、身体の状態などから一人で行動することが難しいお年寄りなどへの支援は切実な問題です。
「けがはないですか?」と声をかける、町会・自治会で事前に決められた一時集合場所まで一緒に行動するなど、手を携えて行動を共にしてくれる援助者(サポーター)がどうしても必要です。
 こうした近隣の方々の援助者を募っています。どうぞお力をお貸しください。
 【お申込み・お問合せ】
  防災課防災係 電話:03-5608-6206 または、各町会・自治会へ

お問い合わせ

このページは防災課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで