このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

立川第二児童遊園(通称:安兵衛公園)に歴史説明板を設置しました

更新日:2019年3月23日

立川第二児童遊園(墨田区立川三丁目15番6号)は、赤穂義士が吉良邸へ討ち入る際に集結した「堀部安兵衛道場」が存在したといわれる場所であり、地域の皆さまからは「安兵衛公園」という愛称の名で親しまれています。
この安兵衛公園に、吉良邸の跡地である本所松坂町公園(墨田区両国三丁目13番9号)までの討ち入りルートや、史実にちなんだエピソード等を盛り込んだ「歴史説明板」を設置しましたので、ぜひご覧ください。
また、討ち入りルートをめぐる際に、お手持ちのスマートフォンやタブレット端末を使用して、今いる場所の近くにある関連スポットの情報等を受信することができる「SUMIDA HISTORY WALK(スミダ ヒストリー ウォーク)」や、特定の場所で起動すると3Dの赤穂義士のARが出現して写真や動画を撮影できる「SUMIDA HISTORY WALK AR-CAMERA(スミダ ヒストリー ウォーク エーアール カメラ)」というアプリケーションを制作しましたので、こちらもあわせてご利用いただき、すみだのまち歩きをお楽しみください。

 このページを翻訳して表示したいときは、以下のリンクをクリックしてください。
 If you want to translate this page, please click the link below.
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。English(英語)(外部サイト)
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Chinese(中国語(簡体字))(外部サイト)
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Korean(韓国語)(外部サイト)

エラーが出る場合は、このリンクをクリックしてページを更新してください。
If you get an error, please click this link to refresh the page.

歴史説明板

デザインや表示内容など、地域の皆さまのご意見を取り入れながら制作したものです。
古地図と現代図とを見比べながら討ち入りの情景に思いを馳せ、安兵衛公園から吉良邸までの道程をたどる一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。
なお、歴史説明版に記載している文章は、以下のPDFから、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語でもご覧いただくことができます。

まち歩きを楽しむアプリ

SUMIDA HISTORY WALK(スミダ ヒストリー ウォーク)

お手持ちのスマートフォンやタブレット端末でこのアプリを起動して、討ち入りルートを歩いていると、ルート上に設置している「ビーコン」という機械から、今いる場所の近くにある関連スポットの情報をお知らせします。
お知らせを開くと、そのスポットの見どころや、歴史にちなんだ物語を、写真付きでご紹介します。
また、まち歩きをしていないときでも、いつでも、その情報をご覧いただくことができます。
アプリの使い方は、こちらのPDFからご覧ください。

iPhoneをご利用の方は、こちらからアプリをインストールすることができます。

Androidをご利用の方は、こちらからアプリをインストールすることができます。

SUMIDA HISTORY WALK AR-CAMERA(スミダ ヒストリー ウォーク エーアール カメラ)

討ち入りルート上の特定の場所に、3Dの赤穂義士がARで出現します。
その場所へ行って、お手持ちのスマートフォンやタブレット端末でこのアプリを起動すると、目の前に赤穂義士が迫っているような臨場感あふれる写真を撮影することができます。
登場パターンは全部で6種類あります。
義士の隣に立って記念撮影をしてみたり、義士を大きく拡大して足元から見上げる写真を撮影したり、楽しみ方は様々です。
歴史にはあまり興味がないという方にもお楽しみいただけますので、オリジナルの写真や動画を撮影してみてはいかがでしょうか。
アプリの使い方は、こちらのPDFからご覧ください。

iPhoneをご利用の方は、こちらからアプリをインストールすることができます。

Androidをご利用の方は、こちらからアプリをインストールすることができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは都市計画課が担当しています。

本文ここまで