このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

日本語ボランティア養成講座(初級・昼の部)を開講します

更新日:2019年11月11日

 現在、墨田区に住む外国人数は12,000人を超え、区民のおよそ4.7%が外国人となっています。外国人が抱える悩みの一つが、言葉の違いからくるコミュニケーションの問題です。区内には、8つの日本語ボランティア教室があり、多くの外国人が日常生活に必要な日本語を学んでいます。現在、日本語ボランティアとして、日本語を教える人が大変不足しております。「“にほんご”を日本語で教える方法」を学ぶとともに、ボランティア活動する上での心構えを身につけ、日本語ボランティアとして即戦力となるスキルを身に着けることを目的として、「日本語ボランティア養成講座」を実施します。

経験豊富な講師のもとで、日本語ボランティアとしての一歩を踏み出しませんか?

養成講座詳細

日程

令和2年1月14日・21日・24日・28日・31日・2月4日・7日
午前9時30分から午前11時30分まで

会場

墨田区役所123会議室ほか

内容

外国人に”にほんご”を教える教授法
(日本語のみで教える教授法のため、外国語の能力は必要ありません)

対象

区内在住在勤在学の20歳以上で、外国人に日本語を教えるボランティアに関心のある方
  

定員

20名(事前申込制で書類審査)

申込み

令和元年11月11日(月曜日)から11月29日(金曜日)の期間に、応募票に必要事項を記載のうえで、以下の方法で御提出ください。

直接ご持参・郵送

〒130-8640 墨田区吾妻橋1-23-20 墨田区役所14階
文化芸術振興課 文化芸術・国際担当

Eメール

メールアドレス:BUNKASHINKOU@city.sumida.lg.jp
※PDF形式で御提出ください。

ファックス

ファックス番号:03-5608-6934

受講料

※教材費別途要(本講座で購入する場合は2,640円【税込】)

カリキュラム

チラシ参照

よくある質問

講座終了後、日本語指導の資格などは付与されますか? 

本講座だけでは、資格は取得できません。本講座は、あくまでも外国人に日本語を教えるための基礎知識を身につけていただくことを目的としており、日本語教師講座は、民間の学校等で各自受講していただく形になります。 

日本語を教える活動の場所はありますか? 

活動場所として、区内の日本語ボランティア教室があります。詳細については、下記ファイルをご参照ください。

お問い合わせ

文化芸術振興課 文化芸術・国際担当 
電話:03-5608-6212
メールアドレス:BUNKASHINKOU@city.sumida.lg.jp

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは文化芸術振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

観光・文化・芸術

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで