このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田区区有施設「向島言問会館」の活用に関するサウンディング型市場調査を実施します

更新日:2020年2月10日

 墨田区では、平成28年6月に策定した「第2次墨田区公共施設マネジメント実行計画」に基づき、長期的・経営的な視点をもって、区民の貴重な資産である公共施設(建物)を計画的にマネジメントしていくこととしており、その基本方針の1つとして、施設の統廃合等により生じる土地等の資産を積極的に貸付・売却するなど有効活用を図ることで、施設の維持管理・運営のための財源を確保していくこととしています。
 向島言問会館は、地域住民の福祉の増進を目的とした施設ですが、築50年が経過しており、老朽化等の理由から、令和3年3月末をもって廃止を予定しています。当該用地及び建物については、現段階において具体的な活用策がなく、機会損失といった観点からも、早期の跡地活用検討が必要となります。 
 そのため、当該施設の利活用の可能性や市場性の有無など、様々な可能性を調査及び把握する必要があることから、広く民間事業者の皆様と対話を行わせていただくことを目的に、以下のとおり、土地及び建物等の活用のアイデアを把握するサウンディング型市場調査を実施します。

サウンディング型市場調査概要

対象となる公共施設

向島言問会館

質問の受付及び回答

 質問がある場合は、令和2年2月7日(金曜日)17:00までに、所定の様式により公共施設マネジメント担当宛ての電子メールにて受付を行ないます。質問に対する回答は区公式ウェブサイトに掲載する予定です。(質問の受付期間は、令和2年2月3日(月曜日)からになります。)
 詳細については、「実施要領」にてご確認ください。
※質問はありませんでした。(令和2年2月10日更新)

対話の実施

 対話を令和2年3月10日(火曜日)から3月16日(月曜日)で実施する予定です。申し込みについては、所定の様式により公共施設マネジメント担当宛ての電子メールにて受付を行ないます。対話の結果については区公式ウェブサイトに掲載する予定です。
 詳細については、「実施要領」にてご確認ください。

サウンディング型市場調査実施要項・様式・参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは公共施設マネジメント担当が担当しています。

本文ここまで