このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

1300:障害認定で後期高齢者医療制度の資格を取得している被保険者が、国民健康保険や社会保険等へ移行するための手続きをしたい。

更新日:2018年10月31日

1300

回答

障害認定は要件に該当する人が申請された場合、任意加入する制度です。後期高齢者医療の資格取得後、加入の意思を撤回する場合は、長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当で資格の喪失手続きをしてください。後期高齢者医療被保険者資格期間証明書を発行します。新たな保険に加入する手続きに持参してください。加入手続きについては、加入する国民健康保険または社会保険、健康保険組合、国民健康保険組合、共済組合のそれぞれの保険者にお問い合わせください。なお、申請の撤回の意思表示は、将来に向かってのみ効力を有するため遡っての適用はできません。

届出窓口

  • 国保年金課 長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当

受付時間

  • 平日午前8時30分から午後5時まで(水曜日は午後7時まで)

必要なもの

  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 印かん(認印)
  • 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証(※お持ちの方のみ)
  • 後期高齢者医療特定疾病療養受療証(※お持ちの方のみ)

問合せ先

国保年金課 長寿医療(後期高齢者医療)資格・給付担当
電話:03-5608-6192(直通)

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

後期高齢者医療制度

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで