このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

図書館の利用方法について

更新日:2018年3月30日

ご意見・ご要望

図書館の利用方法について、以下のとおり提案します。

  1. すべての図書館で、持ち込みパソコンの利用を可能にしてください。
  2. 全座席で電源の利用ができるようにしてください。
  3. 無料で利用できるWi-Fiのを設置してください。
  4. パソコンが利用できる座席を基本とし、本を静かに読みたい人のために別室のようなものを用意してください。
  5. インターネットで調べればわかるような内容の本や長期に読まれていない本は、売却したり無料で譲渡してください。
  6. 図書館の世代別来客人数を公開してください。
  7. 平日は夜11時までの開館し、社会人の学びなおしを推奨してください。

受付日

平成29年6月30日

分野

区民施設

区の対応・考え方

  1. パソコンの使用については、区内のすべての図書館・図書室で使用が可能です(ただし、他の利用者からの苦情もあることから、利用場所が限定されている館もあります。)。
  2. ひきふね図書館では電気コンセント付きの閲覧席を設置していますが、他の図書館・図書室については、設置していません。本件については、今後の課題として捉えさせていただきます。
  3. 一部利用できないエリアがある館もありますが、区内のすべての図書館・図書室で無料でWi-Fiを使用できます。
  4. 閲覧席は図書館資料の閲覧のために使用することが基本であるとともに、利用者の方が互いにルールを守りながら使用していただくことが原則ですので、ご理解のほどお願いいたします。
  5. 利用者の中にはインターネットを利用されない方などの様々な方がいるため、必要な書籍は購入しています。また、長期間利用がなく保存価値のない資料等については、定期的に廃棄処理を行い、その書籍の状態によっては、リサイクル図書として無償提供しています。
  6. 来館者の年齢層別総数については、入口ゲートの通過者数のみを集計していることから、把握は困難です。しかしながら、年齢層別の登録者数・貸出者数・貸出点数については、「図書館事業概要」として図書館ホームページに公開しています、
  7. 開館時間の延長については、費用対効果の検証など検討すべき課題が多いと認識しています。なお、緑・立花・八広図書館の3館については、月曜日の開館時間を午後8時までに延長しました。また、ひきふね図書館では、会社帰りのビジネスマンを対象とした読書会等のイベントの夜間開催や、最新ビジネス書コーナーの常設など、社会人を対象とした催しや展示を実施しています。

これからも多くの利用者の方に満足いただけるよう、図書館として更なる利用者サービスの向上に努めていきますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

担当課

ひきふね図書館

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで