このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

墨田リバープロジェクトによる両国子育て広場の扱いについて

更新日:2018年3月30日

ご意見・ご要望

墨田リバープロジェクトの開発予定には墨田区立両国子育て広場が含まれていると認識しています。同子育て広場は、区民の子育てに重要な機能を果たしていますが、同開発工事期間中、竣工後の情報がなく子育て中の区民に不要な不安を与えています。廃止されるようなことはないと確信していますが、正確な情報や区及び区長の子育てに対する方針を今一度確認したいです。

受付日

平成29年9月11日

分野

区民施設

区の対応・考え方

両国リバーセンタープロジェクトにつきましては、平成28年6月に策定しました墨田区基本計画に基づき、本プロジェクトに参加し、両国子育てひろばを整備する計画としています。そのため、両国リバーセンタープロジェクトの複合拠点施設の建設期間中は、両国子育てひろばは仮移転します。仮移転先については、区有地の墨田区横網一丁目2番の隅田川緑道公園等とし、平成30年5月頃の仮移転を目指して、現在、仮設建物の設計プランを検討しています。仮移転先においても、通常の定期利用保育及び一時預かり事業、ひろば事業の運営を行う予定としています。両国子育てひろばの仮移転等については、平成29年6月11日(日)に定期利用保育等保護者及びひろば利用者に説明会を行いました。説明会に先立ち、5月16日(火)から定期利用保育等保護者宛に説明会開催のご案内を配布し、また、2階ひろばでは、説明会開催のご案内の掲示もしました。さらに、配布資料につきましては、保護者会欠席者にも配布し、2階ひろばでは、パンフレット置き場に設置して、自由にお持ち帰り出来るようにしました。今後は、仮設建物についての説明会を、両国子育てひろばで定期利用保育等保護者及びひろば利用者を対象に11月に開催予定です。さらに、仮設建物や既存施設の解体、両国船着き場の増設やスーパー堤防の整備、複合拠点施設の建物からなる事業全体の内容についての説明を、横網、両国の地元町会のほか、両国地域の企業等で組織する団体を対象に、10月以降に実施予定としています。なお、両国子育てひろばは、両国リバーセンタープロジェクトの複合拠点施設の1階及び2階の一部に整備されます。現在の子育てひろばの機能をより充実したものとし、区民の皆様が気軽に、子育て中親子の誰もが利用しやすい施設となるよう、今後、事業者等とも協議してまいります。区としましては、子育てひろばは在宅子育て支援の拠点であり、在宅で子育てをしている方への支援を進めてくことは、重要なことだと考えています。今後も利用しやすい子育ての支援事業を進めていきますので、ご理解のほどよろしくお願いします。

担当課

子育て支援総合センター

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで