このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

公園のごみのポイ捨てについて

更新日:2018年3月30日

ご意見・ご要望

子どもと近所の公園をよく利用します。そこで、毎回落ちているごみの量に驚いています。ごみ箱を設置しない理由やメリットについてはよく理解しています。しかし、モラルの低下した方の行動は阻止しきれていません。区では、ごみ箱設置撤去や注意看板の他、どのような対策をしていますか。また、環境問題の意識付は子どもの教育や環境が大事であると思います。学校教育でそのような取組はありますか。

受付日

平成29年9月25日

分野

道路・公園、教育

区の対応・考え方

(1)公園のごみのポイ捨てについては、ご指摘のとおり、ごみ箱を撤去し、注意看板を設置し、公園を清掃することで対処しています。一方で区では、地域環境の向上と美化推進を図るために、地域の方々と共同し、毎年5月12月にクリーンキャンペーンを行っていますが、公園では、地元の方々により愛護委員会を組織していただき、70箇所の公園等を定期的に清掃していただいています。個人の方にもボランティアで不定期に公園を清掃していただいているところです。なお、今後、現地で具体的な対応をさせていただきますので、可能であればご連絡をいただければ幸いです。これからも、公園清掃を行うとともに、利用者マナー向上を促す取り組みを継続実施していきますので、ご理解のほどよろしくお願いします。
(2)各小・中学校では、環境教育の一環として、地域の清掃活動や学校での清掃指導、ごみの分別等、様々な体験活動を行い、環境に対する理解と関心を深めています。また、体験したことが日常の具体的な行動に結びつくよう、各教科、道徳教育、特別活動及び総合的な学習の時間等を通じて、工夫を凝らしながら、実践・推進しているところです。今後、ごみのポイ捨て防止やごみの減量等に子どもたちが自ら取り組んでいけるような、環境教育のより一層の充実を図っていくよう、各小・中学校に指導していきます。

担当課

道路公園課、指導室

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで