このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

登下校時の荷物について

更新日:2018年3月30日

ご意見・ご要望

登下校時の荷物が多すぎて、ランドセルが重くなり、子どもの身体に支障が出ないか心配です。宿題などで自宅で使う教科書やノート以外は学校に置けるようにしてほしいです。学校の授業だけで理解できているので、自宅で教科書を使ってわざわざ勉強する必要がありません。全員が持って帰らなければいけない理由が知りたいです。学校によって、違うのでしょうか。

受付日

平成29年9月29日

分野

教育

区の対応・考え方

教科書やノートを自宅に持ち帰るのは、ご承知の通りその日に学習した内容を家庭において振り返る、つまり家庭学習の習慣を身に付けることを意図しています。また、次の日の学習に必要なものを時間割等を確認しながら自分自身で考えて準備することも大切な生活習慣を育むために小学校段階において必要な取組の一つと考えております。ただ、子どもの成長段階や体格などの状況によっては、負担感も異なることと考えます。区教育委員会としましては、各学校に対して子どもたちの安心・安全の確保を最優先し、必要に応じた配慮をしていくよう指導していきます。また、直接学校に相談することについて、ご不安を抱かれているとのことでしたが、学校にとっては保護者や地域の皆様からのご意見やご要望等は、子どもたちのことを第一に考えながら改善を図っていくための貴重な機会となります。今後、子どもたちの身体への負担への配慮等、ご不安などありましたら、ぜひ通学されています学校にご相談ください。

担当課

指導室

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで