このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

保育園の入園基準について

更新日:2018年3月30日

ご意見・ご要望

墨田区役所に保育園入園の相談に行きました。そこで、墨田区は、優先順位が年収等でなく、移住年数になったと聞きました。今まで、20数年墨田区に住んでいましたが、その後、2年程区外で住んでいたため、優先順位の要件には当たりませんでした。収入が少なく、無認可保育園に入れる余裕もなく、子どもを預けられる家族もいません。そのような家庭の事情も考慮してほしいです。

受付日

平成29年10月10日

分野

子育て

区の対応・考え方

本区の入園(選考)基準では、保護者の就労の常態、健康状態等の面から、37の類型に分けた基準指数と、生活保護及びひとり親家庭等に係る福祉的観点、保護者の就労実績、児童の保育状況等の面から26の条件に分けた調整指数があります。この基準指数と調整指数により世帯の状況を指数化し、その合計指数の高い児童から順に保育の利用を決定しており、この合計指数が同点の児童が複数いる場合は、優先順位に該当する児童から順に保育の利用を決定します。この優先順位の項目は16項目あり、「墨田区に引き続き居住している期間が長い世帯」を優先する項目は、15番目となっています。なお、収入等により取り扱う項目については、16番目以外にも優先順位の項目に複数設定しています。このように、保育の利用を申し込まれる保護さhには多種多様な家庭状況がありますので、こうした過程を平等に扱うために客観的かつ公正な方法により保育を受ける可能性が高いと認められる児童が優先的に利用できるように基準を設定しているものですので、ご理解の程よろしくお願いいたします。

担当課

子ども施設課

お問い合わせ

このページは広報広聴担当が担当しています。

本文ここまで