このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

【食品等取扱い事業者の方へ】新型コロナウイルス感染症への対応について

更新日:2020年3月27日

新型コロナウイルス感染症への対応方法についてお知らせします。

新型コロナウイルス感染症への対応方法

衛生管理について

 新型コロナウイルス感染症については、厚生労働省から「食品等取り扱い事業者の方へ」として、ホームページに食品に関するQ&Aが掲載されています。
 これによれば、現在、食品を介して新型コロナウイルス感染症に感染したとされる事例は報告されておらず、また、製造、流通、調理、販売等の各段階で、食品取扱者の体調管理やこまめな手洗い等の一般的な衛生管理が実施されていれば、食品を介した感染を心配する必要はないとされています。
  食品等取扱い事業者様におかれましては、通常の食中毒予防のために行っている一般的な衛生管理に努めてください。

 厚生労働省からの「新型コロナウイルスに関するQ&A」です。

【NEW】マスクの着用と手指の消毒について

 今般の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、マスク及び消毒用アルコールが不足している状況です。このことを踏まえ、厚生労働省から、食品等事業者のマスクの着用及び手指等の消毒について、取り扱いの方法が示されました。マスク及び消毒用アルコールが不足した際には、次のことに注意してください。

マスクについて

  1. 食品の製造・加工施設において未包装の調理済食品を取り扱う等食品衛生上のリスクの高い作業に従事する者がマスクを着用していれば差し支えなく、全ての従業員に対してその着用を求めるものではないこと。このため、マスクが不足している場合は、食品衛生上のリスクの高い作業に従事する者に優先的にマスクの着用を求め、必要な衛生管理を確保すること。
  2. 紙マスク等の使い捨てのマスクである必要はなく、布マスク等くしゃみ又は咳の飛沫を防ぐ目的を達成できる機能を有するものを代替して差し支えないこと。

消毒用アルコールについて

  1. 手指の消毒が必要なときは、用便後、生鮮の原材料や加熱前の原材料を取り扱う作業を終えた後等食品衛生上の危害の発生を防止するために必要な場合であること。また、必要に応じて使い捨て手袋を着用するなどにより、衛生管理を確保すること。
  2. 施設設備及び機械器具の消毒においても、次亜塩素酸ナトリウム(0.05%以上)、熱湯蒸気等により消毒を行うことが可能であること。

厚生労働省からの通知です。

お問い合わせ先

生活衛生課 食品衛生係
電話:03-5608-6943

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは生活衛生課が担当しています。

本文ここまで