このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

熱中症に注意しましょう

更新日:2018年7月23日

 熱中症は気温や温度などの環境条件だけではなく、個人の体調や暑さに対する慣れなどが影響して起こります。暑い日が続きますので、熱中症には十分注意しましょう。
 節電で無理をしすぎないように、体調にお気をつけください。

熱中症は予防が大切です

こんな日は熱中症に注意

こんな日は熱中症に注意

・気温が高い
・湿度が高い
・日差しが強い
・風が弱い
・急に暑くなった

熱中症の予防法

・日傘や帽子
・涼しい服装
・水分・塩分をこまめに補給
・日陰を利用
・こまめに休息

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう<無理をせず、早めの受診を>

・めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらない
・頭痛、吐き気、からだがだるい、虚脱感
・意識がない、けいれん、高い体温、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症になった時の処置は
症状 意識があり、反応が正常な時 意識がない、反応がおかしい時
処置 涼しい場所へ避難させる 救急隊の要請をする

衣服を脱がせ、身体を冷やす
(氷のう等があればそれを首筋、脇の下、大腿の付け根に当てると有効)

涼しい場所へ避難させる
水分・塩分を補給する 衣服を脱がせ、身体を冷やす
ただし、水が飲めず回復しなければ、直ちに救急隊を要請する 医療機関へ搬送する

ひと涼みしよう。熱中症予防声かけプロジェクト

 みんなが少し意識を変えるだけで、熱中症被害は防げる。官民が共同で、熱中症予防をよびかけていく国民運動、それが「ひと涼みしよう。熱中症予防声かけプロジェクト」です。
 墨田区は、熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています。

5つの声かけ

・ 温度に気をくばろう
・ 飲み物を持ち歩こう
・ 休息をとろう
・ 栄養をとろう
・ 声をかけ合おう

熱中症に関する関連情報

お問い合わせ

このページは保健計画課が担当しています。

本文ここまで