このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年2月21日

中華人民共和国湖北省武漢市を中心とした新型コロナウイルス(2019-nCoV)に関連した肺炎が発生しています。発病すると、発熱、全身倦怠感、咳、息切れ等の症状が出現し、高齢者や基礎疾患のある方は重症化する場合があるといわれています。
感染経路や潜伏期間は調査中ですが、世界保健機関(WHO)によると、武漢市で発生した患者の多くは海鮮や生きた動物を売る市場と関連があり、そこで感染した可能性があると考えられています。人から人への感染事例も報告されています。
国内では令和2年1月28日の閣議において、新型コロナウイルス感染症を指定感染症とすることが決定され、2月1日に施行されました。

区民の皆様へ 新型コロナウイルス感染症についてのお知らせ

新型コロナウイルス感染症についての区民の皆様へのお知らせです。

相談・受診の目安

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方は、上記の状態が2日程度続く場合

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。
マスクを着用し、公共の交通機関のご利用を避けて受診してください。

帰国者・接触者の方の相談窓口

墨田区 新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

『墨田区帰国者・接触者電話相談センター』
03-5608-1443 (午前9時から午後5時まで、平日のみ)
対応内容:帰国者・接触者の受診についての相談、新型コロナウイルス感染症に関する心配 など

東京都 新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

対応内容:新型コロナウイルス感染症に関する相談全般
03-5320-4509(午前9時から午後9時まで(土日祝日含む))

都・特別区・八王子市・町田市合同電話相談センター

対応内容:帰国者・接触者の受診について、体調についての相談
03-5320-4592(平日:午後5時から翌日午前9時まで(土日祝日:終日))

厚生労働省 新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

0120-565-653(フリーダイヤル、午前9時から午後9時まで(土日祝日含む))

各種事業者向け情報

医療関係者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策に関する情報はこちらをご覧ください。

旅館業営業者の方へ

旅館業の営業者の方へのお知らせです。

住宅宿泊事業者(管理業者の方へ)

住宅宿泊業者(管理業者)の方へのお知らせです。

中小企業・小規模事業者の方へ

中小企業・小規模事業者の方へのお知らせです。

日常生活で気を付けること

手洗いを徹底しましょう

まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事の際などに、こまめに石鹸やアルコール消毒液などで手を洗いましょう。

咳エチケットを守りましょう

咳などの症状のある方は、咳やくしゃみを素手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、口や鼻をティッシュで覆うようにしましょう。また、咳が出るときはマスクをしましょう。

マスクの効果について

マスクは、咳やくしゃみによる飛沫及びそれらに含まれるウイルス等病原体の飛散を防ぐ効果が高いとされています。咳やくしゃみの症状がある時はマスクを着用しましょう。
予防的に着用することは、混み合った場所、換気が不十分な場所(屋内や乗り物)では一つの感染予防策と考えられますが、屋外では相当混み合っていない限りマスク着用による効果はあまり認められていません。
マスクの効果について、正しい情報に基づきご使用いただきますようご理解お願いいたします。

外出の際の注意

持病がある方、高齢の方は、できるだけ人の多い場所を避けるなど、一層ご注意ください。また、不要不急の外出は避けましょう。

新型コロナウイルス感染症に関連する区のイベント中止情報

区が関連するイベントの中止状況は、以下のリンク先をご参照ください。

多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について

多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。

よくあるご質問

Q. アルコールが手に入りません。どうしたらよいですか。
A. コロナウイルスは表面にエンベロープという脂質をもっています。これはアルコールに弱く、かつ、石鹸などの界面活性剤でも壊れます。よって、アルコールが手に入らない場合は石鹸をつかって十分に手洗いをすることでウイルスは容易に不活化します。

Q. マスクが手に入りにくいですが、いつになったら手に入るようになりますか?
A.マスクは、官民が協力して、国内生産体制の強化や輸入品の確保に取り組み、例年以上の枚数(毎週1億枚以上)を皆さまにお届けできるようになりました。 皆さまには、風邪や感染症の疑いがある方にマスクが届くよう、ご理解・ご協力をお願いします。

Q.妊娠中に新型コロナウイルスに感染した場合、どのような症状や胎児への影響がありますか?
A. 一般的に、妊娠中に肺炎を起こした場合、妊娠していない時に比べて重症化する可能性があります。そのため、 風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日以上続く場合 、強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合 には、「帰国者・接触者相談センター」にお問い合わせください。 また、胎児への影響については不明ですが、現時点で胎児障害の報告はありません。

その他の質問は下記のリンク先をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症に関する危機管理対策本部の設置

最新の情報については、下記のリンク先をご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健予防課が担当しています。

本文ここまで