このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

安全・効果的に歩くためのウォーキング+

更新日:2018年8月29日

(くつ)の選び方・()き方

足に合った(くつ)()くことで、足への負担が少なく快適に歩くことができます。

(くつ)選びのポイント

  1. 足を入れてつま先に1cm程度ゆとりがある
  2. 足の関節に沿って曲げやすい
  3. 甲まわりがフィットしている
  4. 靴底(くつぞこ)にクッション性がある
  5. 足のかかと部分がグラグラせず安定する

()き方

  1. 結び目をいったんほどき、つま先まで(くつ)ひもを(ゆる)めて足を入れます。トントンと地面をたたき、足と(くつ)のかかとをフィットさせます。
  2. つま先に1センチメートル(指1本)ほど余裕があるかチェックします。
  3. つま先は(ゆる)めに、足の甲と足首側はしっかりとひもを()めましょう。

ウォームアップ・クールダウンを忘れずに

ケガをしないために、歩く前は準備運動をし、歩いた後は使った筋肉をほぐしましょう。

1. 足を前後に軽く屈伸(足首をほぐす)

2. ふくらはぎをゆっくり伸ばす

3. 肩をまわす

4. 背筋をグーンと伸ばす

ウォーキングフォームを意識

姿勢を意識することで、運動効果がアップ!また、体への負担を減らすことができます。

  • 上からぶら下がっているイメージ
  • 視野を広く
  • 背筋を伸ばし、胸は張りすぎずリラックス
  • 腕はしっかり大きく振る
  • かかとから着地、つま先をしっかり上げる

お問い合わせ

このページは保健計画課が担当しています。

本文ここまで