このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

大人の風しん抗体検査と予防接種費用の助成を行っています

更新日:2018年5月9日

 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。先天性風しん症候群(CRS)(外部サイト)の予防のため、妊娠を予定または希望している女性とそのパートナー(妊婦の夫を含む)を対象に、風しんの抗体検査と予防接種費用の助成(風しんの抗体価が低い場合のみ)を行っています。
風しんの抗体検査の結果で抗体価が低く予防接種が必要と判断された方は、接種の際の注意事項をご確認のうえ、早めに接種してください。
※ 風しんの抗体検査の結果で抗体価が高い場合、予防接種は受けられません。
麻しん(はしか)の抗体検査や、以下の助成対象者・助成内容に該当しない風しん抗体検査及び予防接種に対する費用助成は行っていませんので、ご注意ください。

費用助成の対象者・助成内容

助成対象者

 平成12年4月2日より前に生まれた妊娠を予定または希望している女性とそのパートナー(妊婦の夫、現在妊娠中で出産後すぐに接種を希望する女性を含む)

助成内容

※費用助成は、1回のみです。
 以下の区分A、区分Bのどちらに該当するかで助成内容が異なりますのでご注意ください。

【区分A】風しん抗体検査を受けたことがない人に抗体検査費用と予防接種費用を全額助成

 風しん抗体検査(無料)を受けていただき、抗体価が低いと判断されたら、ワクチン接種ができます。
※抗体検査の結果、風しん抗体価が十分にあると判断された方は予防接種費用助成の対象にはなりません。

【区分B】風しん抗体検査を受けたことがある人に予防接種費用を全額助成

すでに風しん抗体検査を受けて風しん抗体価が低いと分かっている方については、区の風しん抗体検査は不要で、直接ワクチン接種ができます。

〈注意1〉
 助成の対象となるのは事前に区が発行する風しん抗体検査受診票もしくは予防接種記録票を使って区内実施医療機関で検査、接種を受けた場合です。
〈注意2〉
 区では、風しんの予防として麻しんも予防できるMR(麻しん・風しん混合)ワクチンの接種をお勧めしています。
〈注意3〉
 以下の方は費用助成の対象となりません

  • 区事業での大人の風しん抗体検査・予防接種費用助成を受けたことがある方
  • 過去に風しんまたはMR(麻しん・風しん)の予防接種を受けたことがある方
  • 過去に風しんにかかったこと(血液検査等による確実な診断)がある方

費用助成期間

平成31年3月31日まで(平成30年3月31日期限の接種記録票でも、平成31年3月31日までお使いいただけます。)

実施医療機関

 申込み後に送付する墨田区内予防接種実施医療機関名簿(下記のPDFファイルを参照)に掲載されている医療機関でお受けください。

※実施医療機関以外での検査・接種や、区の発行する風しん抗体検査受診票、予防接種票を使わずに検査・接種した場合の費用の還付は行いませんのでご注意ください。

申し込み方法

 風しん抗体検査、予防接種を希望される人は、電話で下記の保健予防課感染症係へお申込みください。申込み後、抗体検査受診票、予防接種記録票、実施医療機関名簿を郵送します。
※郵送期間は約1週間かかります。検査、接種をお急ぎの場合は下記窓口にお越しいただければ、その場で必要書類をお渡しできます。

申込み・問い合わせ先

保健予防課感染症係(区役所3階)
電話:03-5608-6191
※受付時間は平日の午前8時30分から午後5時15分までです。

関連情報

風しんの感染予防の普及・啓発事業についての情報

都内の風しんの流行状況など風しんについての情報

妊娠と風しんについての情報

風しんについての情報

母子感染についての情報

日本で再び風疹が流行しないようにするための情報発信、流行によって影響を受ける女性、こども、家族のサポートをするために集まった妊娠中に風疹に罹って出産した母親と先天性風疹症候群の当事者グループです。

ストップ風疹

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは保健予防課が担当しています。

本文ここまで