このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

産後のお母さんを応援!産後ケア事業(訪問型乳房ケア)を開始しました

更新日:2019年10月3日

母乳での育児に不安がある方へ、助産師が自宅で乳房ケアや授乳指導を行う産後ケア事業(訪問型乳房ケア)を開始しました。

対象

母乳での育児に不安がある、産後4か月未満のお母さん(墨田区内在住の方)

利用回数

3回まで(1回1時間程度)

利用者負担金

1回 1,000円
※区民税非課税世帯・生活保護世帯は免除。

利用方法

1.申請

 妊娠8か月(妊娠28週)以降に新規ウインドウで開きます。住所地を担当する保健センター(向島保健センターまたは本所保健センター)の窓口で申請してください。
 申請は利用者本人が行うことを基本とします。
 ※出産前に申請していただくと、産後、必要な時にスムーズにご利用いただけます。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。墨田区産後ケア事業(訪問型乳房ケア)利用申請書(PDF:39KB)

申請に必要なもの

 親子健康手帳(母子健康手帳)

2.利用決定

 後日「利用承認通知書」を送付します。

3.予約

 「利用承認通知書」と一緒に送付される「訪問型乳房ケアのご案内」の助産師一覧から希望する助産師に連絡し、ご予約ください。

4.利用

 利用の際は、「利用承認通知書」「親子健康手帳(母子健康手帳)」をご用意ください。
 利用の当日、利用者負担金を助産師に現金でお支払いください。

注意事項

  • 利用日に区内に在住していない場合、医療行為が必要な場合、または感染症の疑いがある場合は利用できません。
  • 産後ケア利用中に体調不良となった場合、乳房の状態によっては、医療機関の受診を勧めることがあります。この場合は別途医療費が発生します。
  • 新生児訪問と同時のご利用はできません。
  • 利用終了後、助産師からお母さんや赤ちゃんの健康状態などの状況について、墨田区(保健センター)に報告をいただいています。必要な情報提供や支援のため、保健センターからご連絡させていただくことがあります。
  • キャンセルする場合は、できる限り早めに助産師へご連絡ください。

※その他、本事業に関するお問い合わせは、住所地を担当する保健センター(向島保健センターまたは本所保健センター)までご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは本所保健センターが担当しています。

本文ここまで