このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2005年12月21日号 のページです。

すみだ区報 2005年12月21日号

素案に対する意見を募集します

隅田川水辺空間の活用

隅田川水辺空間の活用

区では、素晴らしい観光資源である隅田川を皆さんに一層親しんでもらうために「隅田川水辺空間等再整備構想」の策定に着手しています。今回、素案がまとまりましたので、区民の皆さんの自由な意見をお寄せください。皆さんのご意見は、構想の参考にさせていただきます。
構想素案や構想策定委員会の資料・議事録の要旨は、区のホームページや区民情報コーナー(区役所1階)でご覧になれます。

[意見提出先]郵送またはファクス、Eメールで平成18年1月20日までに〒130-8640政策担当 電話:03-5608-6231・ファクス:5608-6407・Eメール:SEISAKU@city.sumida.lg.jp

木造住宅「耐震改修計画作成費」「耐震改修工事費」

大地震の際、被害の多くは古い木造住宅に集中しています。このような建物の耐震性の向上を図るためには「耐震診断」や「耐震改修工事」が必要です。
区ではこれまで、「耐震診断」について診断費用の一部を助成してきました。平成18年1月からは「耐震改修計画作成」と「耐震改修工事」についても、費用の一部助成を開始します。
なお、申請にあたっては、事前に「耐震診断」を受ける必要がありますので、詳しくはお問い合わせください。

[問合せ]建築指導課構造担当 電話:03-5608-6269

マンションなどの構造計算

[とき]12月27日(火)午後1時半から午後4時まで
*1月は20日(金)の予定です。
[ところ]区役所1階アトリウム
[持ち物]構造計算書、竣工図または施工図
[申込み]事前に、土・日曜日を除く午前9時半から午後6時までに有限会社 鳴海建築設計事務所 電話:03-5600-5815へ
[問合せ]建築指導課構造担当 電話:03-5608-6269

補助線街路120号線の認可

東京都市計画道路補助線街路第120号線(鐘ヶ淵通り)の一部(墨田三丁目・四丁目および東向島五丁目地内、延長約370m)について、11月28日に国土交通省により道路事業の認可の告示がありました。この認可の関係図書は次の場所で縦覧できます。

[縦覧場所・問合せ]都市計画課防災都市づくり担当(区役所9階) 電話:03-5608-6266

住民基本台帳

住民基本台帳の閲覧制度を利用したダイレクトメールが送付されることに、区民の方々から不安の声が多く寄せられています。
個人情報保護の観点から、国も住民基本台帳の商業閲覧禁止の方針を打ち出しました。
区では、法律改正に先立ち、平成18年1月から、ダイレクトメール等営利を目的とした商業閲覧を全面的に禁止することとしました。なお、国や地方公共団体等の行う公用目的および報道機関等が行う世論調査や学術研究など、公益上の目的による場合の閲覧は可能です。
区民の皆さんのご理解とご協力をお願いいたします。

[問合せ]窓口課住民記録担当 電話:03-5608-6106

特別給付金

「戦没者等の妻に対する特別給付金」第二十二回い号(額面200万円・10年償還の記名国債)、および「戦没者の父母等に対する特別給付金」第二十一回い号(額面100万円・5年償還の記名国債)の請求受付が、平成18年3月31日で終了します。まだ、請求手続きがお済みでない方は、お問い合わせください。
なお、父母等に対する特別給付金の対象は、父母・祖父母(養父母・養祖父母等)です。戦没者の子・兄弟姉妹は対象とはなりません。

[問合せ]厚生・児童課厚生担当 電話:03-5608-6151

コミュニティビジネス就労準備講座と相談会

コミュニティビジネスとは、地域の企業やNPOなどが、福祉、教育、環境、まちづくりなど、地域が抱えるさまざまな課題をビジネスの手法によって解決するものです。(下表1参照)
コミュニティビジネスが活発になることによって、コミュニティと地域経済の再生、雇用の創出など、地域特性を活かした、まちの活性化が期待されます。
本講座では、コミュニティビジネスの事例をまじえて就労のノウハウをお伝えします。

[とき・ところ・内容]下表2のとおり
[対象]コミュニティビジネス就労に関心のある方
[費用]無料
[定員]先着30人
[申込み]住所・氏名・電話番号を直接または郵送、ファクスで〒130-8640産業経済課産業振興担当(区役所14階) 電話:03-5608-6188・ファクス:03-5608-1625へ

コミュニティビジネスの全国の事例(表1)

  • 高齢者向け介護サービス(デイサービス、IT講習会の開催)
  • 高齢者に対する添加物を使わない配食サービスの提供、コミュニティレストランの経営
  • 家庭用廃油の回収・リサイクルによる石鹸の製造・販売など
  • 地場産業である“まゆ”と“まゆクラフト”を通じた体験受け入れ、小・中学校の総合学習プログラムの実施、製品開発・販売
  • 地域や市民に密着したコンサートおよび音楽関連イベントの企画・実施
  • 商店街の空店舗を改装したミニシアターの運営
コミュニティビジネス就労準備講座(全4回)(表2)
とき ところ 内容 講師
平成18年1月11日(水)
午前10時から正午まで
区役所会議室122
(12階)
講座/コミュニティビジネス(CB)とは NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 中森 まどか氏
1月18日(水)
午前10時から正午まで
区役所会議室122
(12階)
講座/「コミュニティビジネスで働くということ」体験事例報告、求人情報の探し方、知っておきたい働き方と税金の知識 社会保険労務士(キャリアコンサルタント)玉崎 雅人氏、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 竹内 千寿恵氏
1月25日(水)
午前10時から正午まで
区役所会議室122
(12階)
講座/「コミュニティビジネスはじめの一歩 私のアクションプラン」自分を知るー自分発見、適職発見、アクションプラン作成 社団法人 日本家庭生活研究協会ディレクター(パーソナルコーチ)佐々木 真紀氏
2月1日(水)
午前10時から午後4時まで
区役所会議室31
(3階)
相談会/プラン実現のための個別相談
(予約制)
社会保険労務士(キャリアコンサルタント)玉崎 雅人氏、NPO法人コミュニティビジネスサポートセンター 竹内 千寿恵氏

男女共同参画推進団体等

区では、「女性と男性の共同参画基本条例」の制定に伴い、女性も男性も活き活きと働くための職場や地域づくりを推進している区内の事業所や地域団体等を表彰します。ぜひご応募ください。

[対象]次のいずれかの取り組みを行っている団体等

  • 女性の能力活用や職域を拡大
  • 仕事と家庭の両立を支援
  • 女性と男性が働きやすい職場環境づくり
  • 地域活動での役職等の女性の割合を高める
  • その他男女共同参画の推進

[選考方法]書類審査等
[申込み]平成18年1月12日までに電話またはEメールで自治振興・女性課女性施策推進担当 電話:03-5608-6512・Eメール:JICHISHINKOU@city.sumida.lg.jp
*申込後に必要書類をお送りします。
*表彰式は2月12日を予定しています。

墨田区社会福祉事業団

[勤務内容]地域包括支援センターでの介護予防、相談等の業務
[対象]おおむね50歳までの次の資格がある方

  • 保健師または看護師
  • 社会福祉士の資格がある実務経験者

[採用人数]各1人(選考)
[選考方法]書類選考後、筆記・面接
[採用日]平成18年2月以降
[賃金]事業団給与規定による
[勤務場所]シルバープラザ梅若等事業団の施設
[勤務日時]週5日40時間
[申込み]市販の履歴書(最近3か月以内の写真貼付)と応募動機や仕事に対する考えなどを1,200字程度にまとめたもの(書式自由)を直接または郵送で平成18年1月10日(必着)までに墨田区社会福祉事業団(〒131-0033向島3-36-7) 電話:03-5608-3719へ
*書類選考通過者に面接日をお知らせします。
*封筒に「地域包括支援センター応募書類在中」と朱書きしてください。

公立保育園

[職種]看護師
[勤務内容]看護指導
[対象]看護師資格がある55歳以下の方
[採用数]1人(選考)
[選考方法]面接
[採用日]平成18年2月1日
[申込み]市販の履歴書(最近3か月以内の写真貼付)を直接または郵送で平成18年1月10日(必着)までに〒130-8640子育て支援課保育園運営担当 電話:03-5608-6161へ

区立東墨田公園

区立東墨田公園(東墨田3-4-14)内で土壌汚染対策法の基準値を上回る土壌汚染が確認された事に関して、区は公園の大気中における粉じん調査を行いました。調査は、大気中に浮遊する粉じん中の重金属(鉛、ひ素、セレン)濃度について区内の他地域と比較するため、11月16日から17日にかけて東墨田公園と旧隅田第二小学校の2地点(各4箇所)で大気中の検体を採取して分析したものです。
調査報告では、ひ素とセレンともに東墨田公園と旧隅二小の両地点でほぼ同程度の濃度でした。鉛については、旧隅二小の最大濃度が0.01マイクログラム/m3であったのに対し東墨田公園では0.03マイクログラム/m3と若干高めの値が検出されました。しかし、都内各自治体等が近年測定した他地域の値とほぼ同程度の濃度でした。
この結果、東墨田公園における浮遊粉じん中の重金属濃度は、一般的な大気の状況と変わらないことがわかりました。

[問合せ]道路公園課調整担当 電話:03-5608-6294

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで