このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2006年12月1日号 のページです。

すみだ区報 2006年12月1日号

人生の節目を祝います

成人を祝うつどい

 新たに成人を迎えられた約2,000人の方をお祝いする「成人を祝うつどい(成人式)」を行います。当日は新日本フィルハーモニー交響楽団による記念コンサートや、クイズ等のアトラクションも行います。
 案内状は12月15日ごろまでに郵送する予定です。万一、案内状がお手元に届いていない場合でも、対象となっている方は入場できますので、当日受付にお申し出ください。

[対象]昭和61年4月2日から62年4月1日までに生まれた区内在住の方
[とき]平成19年1月8日(祝)午後1時から2時まで
*正午開場
[ところ]すみだトリフォニーホール
*当日は、案内状をお持ちください。引き換えに記念品を差し上げます。
[問合せ]文化振興課文化行事担当 電話:03-5608-6181

昨年度の成人を祝うつどいの様子

昨年度の成人を祝うつどいの様子

学童クラブ

 学童クラブでは、授業の終了後や学校休校日に、保護者の就労等のため家庭で養育ができない児童をお預かりしています。今回、平成19年4月からの利用申込みを受け付けます。

区立学童クラブ

[ところ・定員・受付場所]下表のとおり
[育成日]月から金曜日まで
[育成時間]授業終了後から午後5時まで(午後6時までの延長可)
*学校休校日は午前9時から午後5時まで(午前8時半からと午後6時までの延長可)
[対象]小学1年生から3年生まで
*4年生以上の小学生は特に必要と認められた場合のみ利用できます。
[費用]月額4,500円
*所得状況等により、減額・免除制度があります。
[申請書の配付等]下表の受付場所で申請書等を配付し、面接日をお伝えします。
[申込み]申請書に関係書類を添えて平成19年1月19日までの指定された面接日にお子さんと一緒に受付場所へ
*児童の心身に障害がある場合等はご相談ください。
*決定通知は平成19年2月下旬に郵送します。
*定員を超えた場合等には、希望する学童クラブを利用できないこともあります。

私立学童クラブ

[ところ・定員・受付場所]下表のとおり
[申込み]下表の各私立学童クラブにお問い合わせください。

[問合せ]厚生・児童課児童担当 電話:03-5608-6195

区立学童クラブ一覧表
ところ 定員 受付場所
墨田児童会館学童クラブ
(墨田2-30-15)
100人 ○墨田児童会館
電話:03-3614-7141
墨田児童会館学童クラブ二寺分室(第二寺島小学校内)
(東向島4-30-2)
60人 ○墨田児童会館
電話:03-3614-7141
墨田児童会館学童クラブ隅田分室(隅田小学校内)
(墨田5-49-5)
40人 ○墨田児童会館
電話:03-3614-7141
八広児童館学童クラブ
(八広2-38-14)
40人 ○八広児童館
電話:03-3611-2227
八広児童館学童クラブ三吾分室(第三吾嬬小学校内)
(八広2-36-3)
40人 ○八広児童館
電話:03-3611-2227
江東橋児童館学童クラブ
(江東橋1-15-4)
40人 ○江東橋児童館
電話:03-3634-8883
江東橋児童館学童クラブ菊川分室(菊川小学校内)
(立川4-12-15)
60人 ○江東橋児童館
電話:03-3634-8883
東向島児童館学童クラブ
(東向島6-6-12)
60人 ○東向島児童館
電話:03-3611-2500
東向島児童館学童クラブ一寺分室(第一寺島小学校内)
(東向島1-16-2)
40人 ○東向島児童館
電話:03-3611-2500
立花児童館学童クラブ
(立花1-27-9)
40人 ○立花児童館
電話:03-3619-5781
立花児童館学童クラブ分室
(立花1-28-3-105)
40人 ○立花児童館
電話:03-3619-5781
立川児童館学童クラブ
(立川1-5-2)
60人 ○立川児童館
電話:03-3633-2874
立川児童館学童クラブ中和分室(中和小学校内)
(菊川1-18-10)
40人 ○立川児童館
電話:03-3633-2874
文花児童館学童クラブ
(文花1-32-11)
80人 ○文花児童館
電話:03-3619-5753
文花児童館学童クラブ押上分室(押上小学校内)
(押上3-46-17)
40人 ○文花児童館
電話:03-3619-5753
中川児童館学童クラブ
(立花5-18-9)
40人 ○中川児童館
電話:03-3619-7188
外手児童館学童クラブ
(本所2-6-9)
40人 ○外手児童館
電話:03-3621-4531
外手児童館学童クラブ分室(家庭センター内)
(亀沢3-24-2)
40人 ○外手児童館
電話:03-3621-4531
八広はなみずき児童館学童クラブ
(八広4-27-8)
80人 ○八広はなみずき児童館
電話:03-3617-7060
八広はなみずき児童館学童クラブ分室
(八広4-11-6)
40人 ○八広はなみずき児童館
電話:03-3617-7060
さくら橋コミュニティセンター学童クラブ
(向島2-3-8)
60人 ○さくら橋コミュニティセンター
電話:03-3623-2181
東駒形コミュニティ会館学童クラブ
(東駒形4-14-1)
60人 東駒形コミュニティ会館
電話:03-3623-1143
梅若橋コミュニティ会館学童クラブ
(堤通2-9-1)
60人 梅若橋コミュニティ会館
電話:03-3616-1101
横川コミュニティ会館学童クラブ
(横川5-9-1)
60人 横川コミュニティ会館
電話:03-5608-4500

備考1:受付場所欄で○印の付いている施設は指定管理者が運営にあたります。

私立学童クラブ一覧表
ところ 定員 受付場所
興望館
(京島1-11-6)
70人 興望館地域活動部
電話:03-3611-1880
本所賀川記念館
(東駒形4-6-2)
35人 本所賀川記念館学童クラブ
電話:03-3622-7811
共愛館
(押上3-53-6)
30人 共愛館学童クラブ
電話:03-3617-4460

アスベスト調査

 民間建築物における、吹き付けアスベスト材の露出の有無に関する調査を実施します。建築物を所有・管理される方へ自主点検の調査票をお送りしますので、ご協力をお願いします。

[調査対象]次の条件を満たす民間建築物

  • 延べ床面積の合計が500平方メートル以上1,000平方メートル未満の木造以外の建築物
  • 昭和31年度から平成元年度までに建築確認申請された建築物

[回答方法]調査票を同封の返信用封筒で郵送またはファクスで平成19年1月31日までに開発調整課土地取引・建設リサイクル担当 電話:03-5608-6265・ファクス:03-5608-6409へ

業平橋押上地区開発事業

 新タワー建設と周辺地区の開発を計画している「業平橋押上地区開発事業」に関する環境影響評価調査計画書を、次のとおり閲覧できます。また、計画書の内容について、環境保全の見地からご意見のある区民の方(在勤在学者含む)は、都知事に対して意見書を提出できます。

[閲覧場所]環境保全課(区役所14階)、区民情報コーナー(区役所1階)、各出張所、各図書館、すみだ女性センター、都環境局環境影響評価課、都多摩環境事務所管理課
*都環境局環境影響評価条例のホームページ ホームページアドレス:http://www2.kankyo.metro.tokyo.jp/assess/からも概要がご覧になれます。
[閲覧期間]12月18日から27日までの午前8時半から午後5時まで(閉庁・閉館日を除く)
*都は午前9時半から午後4時半まで
[意見書の提出]住所(在勤在学者はその旨を明記)、氏名、事業名(業平橋押上地区開発事業)、ご意見を直接または郵送で平成19年1月9日(消印有効)までに都環境局都市地球環境部環境影響評価課(〒163-8001新宿区西新宿2-8-1)へ
[問合せ]

  • 環境保全課環境管理担当 電話:03-5608-6207
  • 都環境局環境影響評価課 電話:03-5388-3440

東京都施行型都民住宅(中堅所得者向け住宅)

 都民住宅は原則として都営住宅の所得基準を超える中堅所得世帯が対象の賃貸住宅です。詳しくは募集案内をご覧ください。

[申込書と募集案内の配布期間・場所]12月1日から11日まで・住宅課(区役所9階)、各出張所(土・日曜日を除く)
*期間中の土・日曜日は区民情報コーナー(区役所1階)で配布します。
*12月1日午前9時から11日午後6時までは東京都住宅供給公社のホームページ ホームページアドレス:http://www.to-kousya.or.jp/からも出力できます。
[申込み]申込書を郵送で12月14日(必着)までに東京都住宅供給公社募集センターへ
[問合せ]

  • 住宅課住宅管理担当 電話:03-5608-6214
  • 東京都住宅供給公社募集センター 電話:03-3498-8894

墨田区長 山崎 昇

墨田区長 山崎 昇

 1年の締めくくりである12月になりました。12月は何かと慌ただしい時期ですので、事故等に十分気をつけてお過ごしください。
 さて、今年は、昨年11月に策定した20年後の「すみだ」のあるべき姿を示す新基本構想の初年度として、この構想を実現するための基本計画の策定に取り組みました。
 また、大きな出来事としては、新タワーの建設地が押上・業平橋地区に決定しました。これに伴い区では、「押上・業平橋地区まちづくりグランドデザイン」を策定し、様々な取組を行うことにしています。そこで、新基本計画においても観光都市すみだを実現するための施策を盛り込んだところです。本区には、隅田川の花火、大相撲、葛飾北斎をはじめ区内で活躍した文人墨客など江戸時代以来の下町文化が数多く残されていますが、さらに、知る人ぞ知る「おすすめスポット」も数多くあると思われます。本区を訪れた方に、その「おすすめスポット」を紹介していただき、墨田区をアピールしていただきたいと思います。
 今年も、皆さんには「路上喫煙等禁止キャンペーン」への参加や墨堤の桜を守るための寄付など、たくさんのご協力をいただき感謝しているところです。来年度は、区政施行60周年を迎えます。更なる区政の発展のために、皆さんのご協力をお願いします。

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで