このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2010年2月11日号 のページです。

すみだ区報 2010年2月11日号

まちの話題をお寄せください。
広報広聴担当 電話:03-5608-6223

区体育指導委員が人命救助!

区体育指導委員が人命救助!

 区の体育指導委員の中島 八郎さん(八広在住)が、先月、向島消防署から消防総監感謝状を授与されました。これは、昨年12月11日、区外にお住まいのほかの男性とともに、路上で倒れ、心肺停止状態にあった方の救命活動を行い、その命を救ったことによるものです。
 中島さんは「あの時は無我夢中でしたね。とにかく何とかしなきゃと、以前受講した普通救命講習で習ったことを思い出して、心臓マッサージを行いました。まもなく駆けつけて来た救急隊がAEDなどの措置をしたら、倒れていた方が息を吹き返したんですよ。ホッとしましたね。助かって本当によかったですよ。」とやさしい笑顔でその時の様子を振り返ってくれました。

 現在、この北斎ミニギャラリーでは、すみだ北斎美術館(平成24年度竣工予定)が所蔵する「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。

「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 東都浅草本願寺(とうとあさくさほんがんじ)」(大判錦絵)

「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 東都浅草本願寺(とうとあさくさほんがんじ)」(大判錦絵)

 「東都浅草本願寺」とは、浅草寺の西側、現在の台東区西浅草一丁目にある浄土真宗の名刹(めいさつ)東本願寺のことです。画面右手に見える大屋根がその本堂で、300人を越す朝鮮通信使(ちょうせんつうしんし)の宿所や彰義隊(しょうぎたい)の拠点となったこともある大きなものでした。屋根上の瓦(かわら)職人と比較するとその巨大さが想像できます。この大屋根から、鳶凧(とびだこ)や火(ひ)の見(み)櫓(やぐら)、そして眼下に浅草の家並を眺め、雲の彼方(かなた)の富士を望む構図は、あたかも鳥となって江戸の町を見おろすような浮遊感があります。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで