このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2010年12月11日号 のページです。

すみだ区報 2010年12月11日号

仕事・産業
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
臨時職員の募集      
・事務補助員 [内容]区役所等での事務補助
【採用数】若干名(選考)
[審査]書類選考
[申込み]履歴書を直接または郵送で12月21日(必着)までに〒130-8640 職員課人事担当(区役所8階) 電話:03-5608-6244へ
・歯科衛生士 [内容]向島・本所保健センターでの歯科健診の補助等
[対象]歯科衛生士の資格がある方
【採用数】若干名(選考)
[審査]書類選考および面接
*面接日は書類選考合格者に後日通知
[申込み]履歴書と歯科衛生士の免許証の写しを直接または郵送で平成23年1月10日(必着)までに向島保健センター(〒131-0032 東向島五丁目16番2号) 電話:03-3611-6135へ
区政その他
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
パブリックコメント(意見募集) 区ホームページでも閲覧可 【ご意見の提出方法】住所・氏名(団体名)・電話番号・ご意見(A4用紙1枚程度で書式自由)を郵送または、ファクス、Eメールで提出先へ
・「墨田区地域福祉計画」(中間のまとめ) 【閲覧場所】厚生課(区役所4階)、区民情報コーナー(区役所1階)、すみだ福祉保健センター(向島三丁目36番7号)、すみだボランティアセンター(東向島二丁目17番14号) 【提出期限】平成23年1月4日(必着)
【提出先】〒130-8640 厚生課厚生担当 電話:03-5608-6150・ファクス:03-5608-6938・Eメール:KOUSEI@city.sumida.lg.jp
・「第4期墨田区障害者行動計画【前期】」(中間のまとめ) 【閲覧場所】障害者福祉課(区役所3階)、区民情報コーナー(区役所1階)、すみだ福祉保健センター(向島三丁目36番7号) 【提出期限】平成23年1月4日(必着)
【提出先】〒130-8640 障害者福祉課障害者企画担当 電話:03-5608-6578・ファクス:03-5608-6423・Eメール:SYOU GAIHUKUS@city.sumida.lg.jp
・「区民の健康づくり総合計画【後期】」(中間のまとめ) 【閲覧場所】保健計画課(区役所4階)、区民情報コーナー(区役所1階)、向島保健センター(東向島五丁目16番2号)、本所保健センター(東駒形一丁目6番4号) 【提出期限】平成23年1月4日(必着)
【提出先】〒130-8640 保健計画課保健計画担当 電話:03-5608-6191・ファクス:03-5608-6404・Eメール:HOKENKEI KAKU@city.sumida.lg.jp
・「墨田区一般廃棄物処理基本計画」(改定案) 【閲覧場所】リサイクル清掃課(区役所14階)、区民情報コーナー(区役所1階)、すみだ清掃事務所(東向島五丁目9番11号)、各出張所、図書館 【提出期限】平成23年1月11日(必着)
【提出先】〒130-8640 リサイクル清掃課リサイクル清掃担当 電話:03-5608-6213・ファクス:03-5608-6934・Eメール:RECYCLE@city.sumida.lg.jp
・「墨田区緑の基本計画」(改定案) 【閲覧場所】環境保全課(区役所14階)、区民情報コーナー(区役所1階)、各出張所、図書館 【提出期限】平成23年1月11日(必着)
【提出先】〒130-8640 環境保全課緑化推進担当 電話:03-5608-6208・ファクス:03-5608-6934・Eメール:KANKYOU @city.sumida.lg.jp
・「墨田区人権啓発基本計画」(改定案) 【閲覧場所】人権同和・男女共同参画課(区役所12階)、区民情報コーナー(区役所1階)、社会福祉会館(東墨田二丁目7番1号)、すみだ女性センター(押上二丁目12番7号111号室)、各出張所、図書館 【提出期限】平成23年1月11日(必着)
【提出先】〒130-8640 人権同和・男女共同参画課人権同和担当 電話:03-5608-6322・ファクス:03-5608-6596・Eメール:JINKEN@city.sumida.lg.jp

まちの話題をお寄せください。
広報広聴担当 電話:03-5608-6223

 

区立中学校2年生が、“明るい選挙啓発ポスター”で大臣賞を受賞


 今年度の「明るい選挙啓発ポスターコンクール」において、向島中学校2年生の太田 有紗さんが、最高賞となる文部科学大臣・総務大臣賞を受賞しました。全国約14万点もの応募作品の中から、この賞には18点が選ばれ、その中でも太田さんは、都内で唯一の受賞者となりました。
 太田さんは「濁った海は世の中の暗い現状を、昇る太陽は明るい未来を表現しています。投票用紙を持った人が太陽をめざすように、明るい未来を実現するため、この絵を見て、みんなが投票に行ってくれたらうれしいです。」と話してくれました。

 現在、この北斎ミニギャラリーでは、すみだ北斎美術館(平成25年度開館予定)が所蔵する「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。

「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 従千住花街眺望ノ不二(せんじゅかがいよりちょうぼうのふじ)」(大判錦絵)

「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 従千住花街眺望ノ不二(せんじゅかがいよりちょうぼうのふじ)」(大判錦絵)

 日光(奥州)道中を通り、国元(くにもと)に帰る大名行列を描いた作品です。猩々緋(しょうじょうひ)(深紅色の毛織物)の袋で包んだ鉄砲と毛槍(けやり)の隊列は、南部藩の行列と考えられます。江戸への名残惜しさからか、富士に見とれる者や浮かぬ顔をしている者、整然と並ぶ新吉原の家並みを眺める者など、あまり統制はとれていないようです。畦(あぜ)の中央では、休憩している農婦たちが微笑(ほほえ)みながら行列を見送っています。稲刈りも終わり、富士山に雪が積もり始めた晩秋をとらえた佳作といえるでしょう。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで