このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2011年4月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2011年4月11日号

仕事・産業
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
墨田区社会福祉事業団産休代替非常勤職員(相談員)の募集 [内容]シルバープラザ梅若(墨田一丁目4番4号)の福祉機器展示室での窓口対応や、福祉用具・住宅改修等に関する相談業務等
[対象]次のいずれかの資格をお持ちの方
・福祉用具専門相談員・福祉住環境コーディネーター2級以上
・社会福祉士等の相談業務経験者
【採用数】1人(選考)
[審査]書類選考および面接 *面接日は書類選考合格者に後日通知
[申込み]履歴書(相談員応募と記入)を直接または郵送で4月20日(必着)までに墨田区社会福祉事業団(〒131-0033 向島三丁目36番7号) 電話:03-5608-3719へ
*詳細は墨田区社会福祉事業団のホームページを参照するか事業団へ
区政その他
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
臭気判定員の募集 [内容]区が行う臭気判定会(年6回程度)において、事業所等で発生した臭気が注入されている袋をきゅう覚により選定
*謝礼あり
[対象]区内在住で、きゅう覚の正常な60歳以下の成人
[定員]20人(抽選後、当選者の中から選考)
[審査]当選者に対し、きゅう覚の確認テストを4月26日(火曜日)に行い、合格者を臭気判定員として登録
[申込み]住所・氏名・生年月日・電話番号を直接または、はがきで4月20日(必着)までに〒130-8640 環境保全課指導調査担当(区役所14階) 電話:03-5608-6210へ
「墨田区景観審議会」区民委員の募集 [対象]区内在住の20歳以上で、景観まちづくりについて関心があり、年に数回、原則として平日の昼間に開催する審議会(2時間程度)に出席できる方
【任期】6月1日から平成25年5月31日までの2年間
【募集数】3人(選考)
[審査]書類選考およびグループ討論
*グループ討論の日程は申込者全員に後日通知
[申込み]応募用紙と「今後めざすべきすみだの景観」をテーマとした作文(1,200字程度で書式自由)を直接または郵送、ファクス、Eメールで4月25日(必着)までに〒130-8640 都市計画課都市計画・景観担当(区役所9階) 電話:03-5608-6266・ファクス:03-5608-6409・Eメール:TOSHIKEIKAKU@city.sumida.lg.jp
*応募用紙は都市計画課で配布しているほか、区ホームページからも出力可
*選考方法等、詳細は申込先へ
*選考結果は5月下旬までに通知

《まちの話題をご紹介します》

 区では、地域の防犯力を向上させるため、向島警察署等と連携し、区立中学校の生徒たちが描いた絵を高架下に展示する取組を行いました。
 絵を展示した曳舟駅近くの東武線高架下は、昨年、景観の美化などを目的に、文花中学校と寺島中学校の生徒たちが、地元の町会の皆さんと落書き消しを行った場所で、展示された20点の絵は、文花中学校と吾嬬第二中学校の美術部の生徒たちが、“すみだらしさ”をテーマに描いたものです。
 絵を描いた吾嬬第二中学校の生徒は、展示された絵を見ながら、「少し恥ずかしいけど、自分たちの絵をたくさんの方に見てもらえるとうれしいです。」と笑顔で話してくれました。

 現在、この北斎ミニギャラリーでは、すみだ北斎美術館(平成25年度開館予定)が所蔵する「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。

「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 相州箱根湖水(そうしゅうはこねこすい)」(大判錦絵)

 箱根の芦ノ湖(あしのこ)から眺めた富士山です。波一つない鏡のような水面と、なだらかな山で構成されていて、湖畔右手に建つ箱根権現(現在の箱根神社)の社殿が唯一、人工の造形物です。
 本作品は、シリーズ中のほかの作品と比べると動きが少なく、北斎らしい大胆な描写はみられません。しかし、この静寂さの漂う画面は、富士山を単なる美しい山として捉(とら)えるのではなく、古くから信仰の対象であった“神聖な山”としてその姿を示す効果的な表現といえます。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで