このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2011年6月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2011年6月11日号

暮らし
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
夏の強い日差しを和らげ、室内の温度上昇を抑えよう!
「緑のカーテン・エコポイント作戦」区民モニターの募集
[内容]ゴーヤなどのつる性植物をすだれのように栽培する「緑のカーテン」を自宅に設置し、その室温抑制効果などを報告する
*「緑のカーテン」1m2当たり、「すみだエコポイント」を100ポイント付与(上限500ポイント)
[対象]区内在住の方
[申込み]6月26日(日曜日)午前10時から直接、区役所前うるおい広場(すみだ環境フェア実施会場)へ
*区民モニターに申し込まれた方(先着250人)へ、ゴーヤの苗2鉢と育成マニュアルを無料配布(苗を持ち帰るための袋を持参)
[問合せ]環境保全課緑化推進担当 電話:03-5608-6208
仕事・産業
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
「墨田区訪問型保育支援事業」運営委託事業者の募集 [内容]墨田区訪問型保育支援事業(在宅子育てママ救急ショートサポート、病後児保育、緊急預かり)の運営等
[対象]法人等の団体
*詳細は募集要項を参照
【募集数】1事業者(選考)
[審査]企画提案方式(プロポーザル)
【募集要項と申込書の配布期間・場所】6月13日(月曜日)から24日(金曜日)まで午前9時から午後6時まで・子育て支援総合センター(京島一丁目35番9号103号室)
*土曜日・日曜日を除く
[申込み]申込書と必要書類を7月4日までに直接、子育て支援総合センター 電話:03-5630-6351へ

《まちの話題をご紹介します》

 区内では、東京スカイツリー®の開業に向け、まちの活性化のためのPRキャラクターが次々に誕生し、観光客や地元の方々から人気を集めています。
 その火付け役となったのが、“おしなりくん”です。タワー周辺の5商店会により、押上・業平橋地区活性化のためのキャラクターとして誕生し、お休み処(どころ)「おしなりくんの家」は観光客等で連日賑(にぎ)わっています。
 また今年は、吾妻橋地区の商店会・町会等による「吾妻橋地区活性化協議会」の“あづちゃん”や、向嶋墨堤組合監修による「向島観光推進プロジェクト」の“向嶋言問姐(むこうじまことといねえ)さん”といったキャラクターも誕生しました。
 各キャラクターは地元の商店等でグッズが販売されているほか、イベント等にも登場し、まちのPRに一役買っています。

携帯ストラップなどのキャラクターグッズ(写真左から、あづちゃん、おしなりくん、向嶋言問姐さん)

携帯ストラップなどのキャラクターグッズ(写真左から、あづちゃん、おしなりくん、向嶋言問姐さん)

 現在、この北斎ミニギャラリーでは、すみだ北斎美術館(平成25年度開館予定)が所蔵する「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。

「冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい) 登戸浦(のぶとうら)」(大判錦絵)

 近景に鳥居のもとで潮干狩りをする人々の様子と、遠景に富士山を描いた一枚です。この場所は現在の千葉県千葉市中央区登戸(のぶと)辺りで、今は埋め立てられていますが、昔は干潟(ひがた)が広がっていました。北斎は他の風景画シリーズでもこの場所を採り上げており、北斎作品では馴染(なじ)み深い場所です。海中の鳥居は、現在の登渡(とわたり)神社(登戸神社)のものといわれています。二つの鳥居を平行に描き、大鳥居の柱の間に富士山を配置するという趣向を凝らした構図となっています。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで