このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2011年11月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2011年11月11日号

 七五三の日であるこの日に、家族そろって着物で出掛けてほしいという願いを込めて、全日本きもの振興会が、昭和41年に制定した。

【とき】
11月12日(土曜日)午前9時から午後3時まで
11月13日(日曜日)午前10時から午後3時まで
【ところ】すみだ中小企業センター(文花一丁目19番1号)

 区では、すみだが誇るものづくりについて、次代を担う子どもたちに興味を持っていただくため、「すみだものづくりフェア」を開催しています。今回のフェアも、工作などの体験型プログラムが盛りだくさんです。ぜひ、ご来場ください。

 

すみだの“力”ものづくりを体感!

 私たちの身の回りにある革・金属・ゴム・プラスチックなど様々な製品が、すみだでつくられていることをご存じですか。すみだは、江戸時代から、ものづくりのまちとして発展し、今なお、そうあり続けています。
 区では、この「すみだのものづくり」について、次代を担う子どもたちに興味を持っていただくため、「すみだものづくりフェア」を開催しています。
 今回は、体験型のプログラムなどのほか、東日本大震災の被災地からの出展も加わり、盛りだくさんの内容でお贈りします。ぜひ、ご来場いただき、すみだが誇るものづくりを体感してください。
[問合せ]すみだ中小企業センター 電話:03-3617-4351

 

無料巡回バスを運行します!

 停留所等の詳細は、お問い合わせいただくか、区ホームページをご覧ください。

 

おもなプログラム【費用無料】

備考1:いずれも数量に限りがありますので、なくなり次第終了となります。 また、すべてのプログラムは、子どもが優先となります。

 

革のカードケースづくり

 パーツごとに色々なカラーを選んで、ソラ豆型のオリジナルカードケースを作ってみよう。

 

カラーシリコンゴムの自由工作

 カラフルなシリコンゴムを使って、自分の好きな形に工作してみよう。

 

ストラップにメッキをつけよう!

 スカイツリー型のストラップを使って、メッキ付け体験をしてみよう。

 

オリジナルシールをつくろう

 好きな文字で千社札風オリジナルシールを作ろう。

 

ストラップホルダーをつくろう

 すみだの名所が描かれたストラップホルダーを作ってみよう。
*「メッキ付け体験」で作るストラップがかけられます。

 

かわいいZAKKA(ざっか)づくり

  • 鉄製の飾りに革ひもを付けて、ペンダントを作ろう。
  • オモシロぬりえを体験しよう。
  • リボンを編んでオリジナルストラップを作ろう。

 

本革カシメポーチ製作

 好きな飾り付けをして、世界にたった一つだけの革ポーチを作ってみよう。

 

キラキラ 鉛筆たて

 自分の名前やイニシャルを鉛筆たてに箔(はく)押ししてみよう。

 

万華鏡づくり

 町工場の端財(はざい)や部品(配財(はいざい))を使って、自分だけの万華鏡を作ってみよう。

 

紙でいろいろつくっちゃおう

 東京スカイツリー®が印刷された引き出しボックスやマルチボックスを作ってみよう。

 

消しゴムはんこをつくろう

 来年の干支(えと)「辰(たつ)」を消しゴムに彫って、年賀状を作ってみよう。
*彫刻刀を使うため、小学生以下は保護者の同伴が必要です。

 

マイグラスをつくろう

 無地のガラスコップに砂を吹きかけて模様付けをし、マイグラスを作ろう。

 

プラスチック工作

 ギプスの材料に使われている、お湯で柔らかくなる特殊プラスチックで工作してみよう。

 

ペットボトルホルダーをつくろう

 ゴムや金属部品を使って、自分だけのペットボトルホルダーを作ってみよう。

 

ジグソーパズル組立体験

 「これぞすみだ!」といえる風景が描かれたジグソーパズルを組み立ててみよう。

 

銅板に模様をつけ、ピッカピカに磨こう!

 銅板をハンマーでたたき、磨いて、キーホルダーを作ってみよう。

 

スカイツリー&施設めぐりゲーム折本づくり

 すみだの施設が描かれた折りたたみ式の本(ゲーム付)を完成させよう。

 

手作りランプ教室

 ジャムなどの空きビン、アルミホイル、ティッシュペーパー、サラダ油を使って、災害時などに役立つランプを作ってみよう。

 

東北3県(岩手県、宮城県、福島県)観光PRコーナー

 クイズラリーに挑戦して、ポストカードをもらおう。また、福島県の郷土玩具「起き上がり小法師」の絵付け体験をしてみよう。

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで