このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2012年10月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2012年10月11日号

仕事・産業
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
「国民健康・栄養調査」調査員(非常勤職員)の募集 [内容]準備調査(調査世帯の確認、依頼・説明等)、調査票の配布・回収、食事状況等の聞き取り・栄養指導、調査書類の点検、データ入力など
*パソコン操作を含む 
【勤務期間】11月から12月中旬までの10日程度
[対象]栄養士または管理栄養士の免許を有する方
【採用数】若干名(選考)
[選考方法]面接
*面接日は申込者に後日通知
[申込み]履歴書と免許証の写しを直接または郵送で10月19日(必着)までに本所保健センター(〒130-0005 東駒形一丁目6番4号) 電話:03-3622-9137へ
八広地域プラザの指定管理者の募集 [内容]平成25年度に開館する区のコミュニティ施設「八広地域プラザ」(八広四丁目35番17号)の管理運営 
【指定期間】平成25年4月1日から28年3月31日までの3年間
*業務内容、応募資格等の詳細は募集要項を参照
[申込み]
・質問票・提出意思確認書=10月19日までに
・申込書等=10月29日までに 直接、区民活動推進課区民活動推進担当(区役所14階) 電話:03-5608-6592へ
*募集要項、質問票、提出意思確認書、申込書は、申込先で配布しているほか、区ホームページから出力可

《まちの話題をご紹介します》

 区内では、生産者と消費者をつなぐ食育活動として、全国各地の野菜や加工品などを販売する「すみだ青空市ヤッチャバ」が実施されています。これは、農地のない墨田区で、“つくる人”と“食べる人”がつながり、豊かな暮らしを支え合う関係をつくりたいという(おも)いのもと、すみだに集まった多くの若者によって企画・運営されているものです。
 これまで、区の食育イベントで実施したほか、区内の店舗等を間借りして各地で同時に開催しました。また、今年7月からは、曳舟で毎週土曜日に開催するなど、その活動は着実に広がっています。
 「すみだ青空市ヤッチャバ」事務局の松浦 伸也さんは、「すみだのお母さんたちに喜んでいただけるよう、これからも、開催する地域の状況に合わせて活動を深めていきます」と話してくれました。

 この北斎ミニギャラリーでは、現在開設準備中の「すみだ北斎美術館」(平成27年度開館予定)に収蔵する「()(がく)三十(さんじゅう)六景(ろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。

「冨嶽三十六景 五百らかん寺さざゐどう」(大判錦絵)

 本所五ツ目(現・江東区大島四丁目)にあった(おう)(ばく)(しゅう)の寺院、五百()(かん)寺・(さん)(そう)(どう)の見晴台を描いたものです。上り下りする内部通路が()(せん)状になっており、貝の栄螺(さざえ)に似ていることから、さざえ堂と呼ばれていました。
 画面のほぼ中央に富士山が描かれていて、眺めを楽しむ人々はこちらに背を向けています。絵を見る私たちの視線も自然に富士山の方角に向かい、絵の中の人々と一緒に眺めているような気分になる作品です。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで