このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2014年8月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2014年8月11日号

仕事・産業
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
シルバーハイム八広(高齢者向け集合住宅)生活援助員の募集 [内容]高齢者の自立した生活を支援するため、高齢者と同じ住棟に家族とともに入居し、安否確認や緊急時の対応等を行う
*報酬あり
*家賃は免除 
【業務委託期間】10月1日から平成27年3月31日まで
*期間終了後、原則1年ごとに更新
[対象]区内在住で次のすべての要件を満たす20歳から65歳までの方
・住宅外で拘束時間のある仕事をしていない
・世帯全員が健康で、高齢者福祉に理解を示している
・生活援助員を辞めるときは住宅を明け渡すことができる
*ほかにも要件あり
【募集数】1人(選考)
[選考方法]面接
*面接日は申込者に後日通知 
【申込書の配布期間/場所】8月25日(月曜日)まで/住宅課(区役所9階)、区民情報コーナー(区役所1階)、各出張所
*土曜日・日曜日は区民情報コーナーのみ
[申込み]申込書を直接または郵送で8月11日から25日まで(消印有効)に、〒130-8640 住宅課高齢者住宅担当 電話:03-5608-6214へ

《まちの話題をご紹介します》

 7月6日、区内の子どもたちの健全育成を目的に活動する団体「すみだ青年協力会(SSK)」が、小学校高学年の児童を対象としたレクリエーション大会「SSK体育祭」を開催しました。イベント当日は、区内の異なる小学校・学年の児童が集まり、初対面同士でも楽しめるように工夫されたSSK独自のプログラムを楽しみました。
 SSK代表の須藤昌俊さんは「子どもたちには学校や学年に関係なくつながり、新しい友達や仲間を作ってほしい。その機会を作るために、キャンプなどの様々なプログラムを企画していきたい。」と今後の抱負を語ってくれました。

 この北斎ミニギャラリーでは、現在建設中の「すみだ 北斎美術館」(平成28年度開館)に収蔵する「()(がく)三十(さんじゅう)六景(ろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。


 本図は、隅田川の河口にあった佃島(現・中央区佃)越しに見える富士山を描いた作品です。佃島は摂津(せっつの)(くに)佃村(現・大阪府大阪市)の漁師が移住した村で、白魚漁が盛んでした。佃島の奥に見えるたくさんの高い棒は、大型帆船の帆柱で、佃島と併せてよく描かれます。画面には、荷舟、釣舟、漁船、渡し舟など様々な種類の船が描かれ、佃島周辺の海上交通の(にぎ)わいが表現されています。現在、佃島周辺は埋め立てられていますが、この作品からは、かつて島であった佃島の様子がわかります。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで