このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2014年12月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2014年12月11日号

区政その他
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
「第4期墨田区障害者行動計画(後期)・墨田区障害福祉計画(第4期)素案」のパブリックコメント(意見募集) 【計画案の閲覧期間/閲覧場所】平成27年1月5日(月曜日)まで/障害者福祉課(区役所3階)、区民情報コーナー(区役所1階)
*土曜日・日曜日、祝日は区民情報コーナーのみ(年末年始を除く)
*区ホームページでも閲覧可
【ご意見の提出方法】ご意見(書式自由)と、住所・氏名(団体名)・電話番号を直接または郵送、ファクス、Eメールで27年1月5日(必着)までに、〒130-8640 障害者福祉課庶務係 電話:03-5608-6217・ファクス:03-5608-6423・Eメール:SYOUGAIHUKUS@city.sumida.lg.jp

 現在建設中の「すみだ 北斎美術館」(平成28年度開館)に収蔵する「()(がく)三十(さんじゅう)六景(ろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。


 現在の神奈川県平塚市中原を描いた作品です。江戸時代には、現在の神奈川県伊勢原市にある大山に登ってお参りをする「大山参り」が盛んで、参詣道を人々が行き交う様子が描かれています。画面中央には大山寺への道標が建てられており、富士山の手前に描かれる緑の山は大山と考えられます。また、山を望んでいる画面右端の男が背負う風呂敷包みに染め抜かれた三つ(どもえ)は、本作品を発行した版元西村屋の紋で、さりげなく西村屋の宣伝をしています。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115
すみだ 北斎美術館 http://hokusai-museum.jp

 葛飾 北斎という江戸時代を象徴する画家を現代的な建築が包み込む。まさに新旧アートの融合となる美術館が誕生するのをとても楽しみにしています。当社も亀沢で管工機材などの卸業を始めて以来、60年間受け継がれているフロンティア精神で常に新しいことに取り組んでいます。同様のコンセプトをもつ「すみだ 北斎美術館」をきっかけに、たくさんの人々に墨田区の素晴らしさを知ってもらい、歴史や文化を世界へ発信していくことができるようにこれからも応援していきます。
[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115
すみだ 北斎美術館 http://hokusai-museum.jp

「すみだ 北斎美術館」近くの墨田サービスセンター(亀沢一丁目4番3号)

「すみだ 北斎美術館」近くの墨田サービスセンター(亀沢一丁目4番3号)

すみだ 北斎美術館

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで