このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2015年4月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2015年4月11日号

仕事・産業
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
非常勤職員(介護支援専門員)の募集 [内容]介護予防プランの作成、新総合事業モデルプラン作成業務、窓口相談業務等
[対象]介護支援専門員の資格を有し、ケアプラン・予防プラン作成業務の実務経験がある方 
【採用数】1人
[選考方法]面接
*面接日は後日通知
[申込み]履歴書と、資格を証明するものの写しを直接または郵送で4月28日(必着)までに、〒130-8640 高齢者福祉課地域支援係(区役所4階) 電話:03-5608-6170へ
区政その他
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
「墨田区景観審議会」
区民委員の募集
[対象]区内在住の20歳以上(平成27年4月1日現在)で、景観まちづくりについて関心があり、年に数回、原則として平日の昼間に開催する審議会(2時間程度)に出席できる方 
【任期】平成27年6月1日から29年5月31日まで 
【募集数】3人
[選考方法]書類選考および面接
*面接日は書類選考合格者に後日通知
*選考結果は5月下旬までに通知
[申込み]応募用紙と、「すみだの特徴を()かしためざすべき景観」をテーマとした作文(1,200字程度で書式自由)を、直接または郵送、ファクス、Eメールで4月13日から27日(必着)までに、〒130-8640 都市計画課景観まちづくり担当(区役所9階) 電話:03-5608-6266・ファクス:03-5608-6409・Eメール:TOSHIKEIKAKU@city.sumida.lg.jp
*詳細は問い合わせるか、区ホームページを参照 

 現在建設中の「すみだ 北斎美術館」(平成28年度開館)に収蔵する「()(がく)三十(さんじゅう)六景(ろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。


  現在の横浜市保土ヶ谷区にあった東海道程ヶ谷宿付近の松並木の間から、富士山を望む風景です。北斎は諸国を行脚した有髪の僧である虚無僧(こむそう)や、旅人の乗った馬を引く馬子(まご)を描いています。このあたりは起伏が激しいからか、駕籠(かご)を担いで旅人を運ぶ駕籠かきという人たちが一休みしています。描かれた場所は品濃坂(しなのざか)付近というのが定説のようですが、権太坂(ごんたざか)付近という説もあります。また、右端に少しだけ見える不動明王の石像から、この明王を守本尊とする大山阿夫利(あふり)神社への参詣道(大山道)ではないかという説もあります。

 東京スカイツリータウン®は本年5月22日で3周年を迎えます。今や東京スカイツリー®は観光立国日本を代表するランドマークに成長するとともに、国際観光都市すみだの認知度向上に大いに貢献したと自負しております。すみだ北斎美術館の誕生により、東京スカイツリーと相乗効果を生み、日本の伝統的文化を広く国内外に知らしめることを期待しています。東武グループは「すみだ北斎美術館共同創設者」としてこれからも墨田区の発展のため努力してまいります。

[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115
すみだ北斎美術館ホームページ http://hokusai-museum.jp

すみだ北斎美術館

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで