このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2015年6月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2015年6月11日号

健康・福祉
名称 内容・対象等 申込み・問合せ等
高齢者向け住宅(2人世帯用・単身用)入居者の募集 【募集する高齢者個室借上げ住宅/募集戸数】
・2人世帯用(2DK)=東向島第3住宅(東向島五丁目41番2号)/1戸
・単身用(1K・1DK)/12戸 
【募集するシルバーピア/募集戸数】
・2人世帯用(2DK)=シルバーハイム墨田(墨田四丁目60番4号)/1戸 
・単身用(1DK)/6戸
[対象]
・2人世帯用=区内に3年以上居住している65歳以上の方と、その三親等以内の親族で60歳以上の方
・単身用=区内に3年以上居住している65歳以上の方
*いずれも持ち家がある方は不可
*詳細は、問合せ先等で配布中の募集案内を参照
【入居予定者の決定方法】資格審査対象者を抽選により選定後、面接等で資格審査を行い、合格者を入居予定者に決定し、当選番号順にあっせん
*高齢者個室借上げ住宅については、資格審査合格者を対象に住宅困窮度合いを調査し、その度合いが高い方から順に半数を合格者として決定
[申込み]6月24日から26日までの午前9時から午後4時までに直接、区役所会議室91(9階)へ
*公的年金の源泉徴収票など、平成26年中の収入の分かるものを持参
[問合せ]住宅課高齢者住宅担当 電話:03-5608-6214

 現在建設中の「すみだ 北斎美術館」(平成28年度開館)に収蔵する「()(がく)三十(さんじゅう)六景(ろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。


 すみだから見て富士山を両国橋の向こうに描いた作品です。御厩川岸(現在の台東区蔵前二丁目辺り)の名は、幕府の馬小屋があったことに由来します。ここには御厩の渡しがあり、現在の横網二丁目辺りとを結んでいました。渡し船には物売りや、按摩(あんま)、鳥を捕まえる鳥刺(とりさし)など、様々な職業の人々が乗っています。鳥刺の持つ竿(さお)によって、空間に広がりを持たせています。夕暮れの情景で、対岸の町並みや両国橋などは輪郭線を用いないシルエットとして描かれ、(かす)んでいるかのように見えます。

平成26年度「墨田区北斎基金」への寄付

約2億1,800万円のご支援をいただきました。引き続き、ご支援をお願いします。

 オリックスグループが運営している「すみだ水族館」は、葛飾 北斎がその生涯の大半を過ごした墨田区の東京スカイツリータウン®にあります。「すみだ水族館」では、東京湾や東京の河川に生息する生き物を、北斎が描いた水生生物画とともに展示するゾーンも設けています。オリックスグループは、「すみだ 北斎美術館」の創設を応援するとともに、今後も「すみだ水族館」における連携を図り、国内外に向けた日本の伝統文化の発信に寄与してまいります。

葛飾 北斎『三体画譜(さんていがふ)』より「鯰(なまず)」

葛飾 北斎『(さん)(てい)()()』より「(なまず)

[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115
すみだ北斎美術館 http://hokusai-museum.jp

すみだ北斎美術館

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで