このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2015年8月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2015年8月11日号

 現在建設中の「すみだ 北斎美術館」(平成28年度開館)に収蔵する「()(がく)三十(さんじゅう)六景(ろっけい)」シリーズの作品をご紹介しています。


 尾州不二見原とは、愛知県名古屋市(かみ)(まえ)()にあった富士見原とする説があります。景勝地として知られたこの場所からは、(はる)か東に富士山が見えたといわれています。広々とした田園風景の中、職人が大きな(おけ)を製作していますが、その桶の中に、富士山が小さく描きこまれています。丸い桶を通して三角形の富士山を見る構成からは、北斎が幾何学的な構図に深い関心を示していたことがうかがえ、また、望遠鏡を(のぞ)くような面白さもあります。

 葛飾 北斎の偉大な作品が数多く生まれた地「すみだ」。作品からは当時のまちの息吹が現代の私たちに伝わってまいります。J:COMも区内のイベントや区民の皆さまの様子を収め、「J:COMチャンネル」(地デジ11ch)で放送することにより、現在の「すみだ」の息吹を感じていただけるよう活動しております。「すみだ北斎美術館 共同創設者」として、今後もJ:COMチャンネルを通じ、まちの歴史や現在を伝え、輝かしい墨田区の未来につながるよう努力してまいります。



[問合せ]文化振興課北斎美術館開設担当 電話:03-5608-6115
すみだ北斎美術館 http://hokusai-museum.jp

すみだ北斎美術館

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで