このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2018年3月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2018年3月11日号

 鹿沼市は、市の面積の約7割が森林で、数多くの渓流が流れる自然豊かなまちです。親子で楽しめる場所はもちろんのこと、登山や渓流釣りの上級者も納得のスポットが盛りだくさんです。
[問合せ]広報広聴担当 電話:03-5608-6223

井戸湿原
 ハイキングコースにある井戸湿原は「小尾瀬」とも呼ばれ、ツツジのほか様々な植物を楽しむことができます。

虎岩
 東大芦引田地区(大芦川上流部)にある大岩は、「虎岩」の愛称で親しまれています。その名のとおり、水に()れると虎のようなしま模様が美しく浮かび上がります。

 ハイキングコースのうち、古峯神社から前日光ハイランドロッジまでは、日光連山や関東平野が、方塞山からは前日光牧場が望めます。前日光ハイランドロッジを過ぎると、関東の山々を見渡せる象の鼻展望台や、ツツジが美しい井戸湿原を楽しめます。
[古峯神社へのアクセス]

  • バス=バス停「古峯神社」下車(リーバス 古峰原線/東武日光線新鹿沼駅から約65分)
  • 車=鹿沼ICから約50分

[前日光ハイランドロッジへのアクセス]鹿沼ICから車で約75分

コースの見所の一つである、深山巴の宿

コースの見所の一つである、深山巴の宿

古峰ヶ原高原

古峰ヶ原高原

シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の見頃は5月下旬から6月上旬頃まで

シロヤシオ(ゴヨウツツジ)の見頃は5月下旬から6月上旬頃

 標高1,000メートル前後の低山が連なり、足尾、粟野の山々や関東平野が一望できます。全行程約6キロメートル、はしごや約20メートルのくさり場が4か所、急斜面の崖もある、冒険とロマンのコースです。転落事故が起きているので、登山の際は、装備・服装をしっかり整え、十分に注意してください。
[アクセス]

  • バス=バス停「石裂山」下車(リーバス 上久我線/1日2本/東武日光線新鹿沼駅から約45分)
  • 車=鹿沼ICから約40分

加蘇山の千本かつら

加蘇山の千本かつら

加蘇山神社

加蘇山神社

ヒメイワカガミの見頃は5月から6月頃まで

ヒメイワカガミの見頃は5月から6月頃

 鹿沼の大自然を満喫した後は、ゆっくりと温泉につかって旅の疲れを癒やしませんか。
[ところ]鹿沼市入粟野994の2
[営業時間]午前10時から午後9時まで
*12月から2月までは午後8時まで
[休館日]火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始
[入場料]

  • 大人=500円
  • 小学生=300円

[問合せ] 電話:0289-86-1126

 牧場内にあるログハウス風の簡易宿泊施設です。休憩所としての利用も可能で、バーベキューや食事も楽しむことができます。
[ところ]鹿沼市上粕尾1936
[営業期間]4月下旬から11月30日まで
[問合せ] 電話:0288-93-4141



鹿沼自然観察会 会長 渡邉 知義さん

鹿沼自然観察会 会長 渡邉 知義さん

 横根高原は、関東でも指折りのツツジの名所です。4月下旬のアカヤシオから始まり、シロヤシオ、ヤマツツジなど7月までに8種類のツツジが時期をずらして次々と咲きます。競い合って咲くツツジの姿は本当に美しく、毎年多くのファンが訪れますよ。子ども連れでも安全に楽しむことができますが、しっかり歩ける靴など、身支度はきちんとして来てくださいね。
 墨田区の子どもたちにはぜひ、鹿沼に来てほしいですね。都会に住む子どもの多くが最初はためらいますが、ほんの数十分もすれば自分の手で昆虫を捕まえたり、洋服も気にせず泥んこになったりと、夢中になって遊ぶようになるんです。鹿沼の緑・川・生き物に触れて豊かな心を育むことができますよ。

 流域が二股に分かれ、西沢(大芦川)には大天狗で知られる古峯神社やハイキングコースがあります。東沢(東大芦川)は大滝を源流とする手付かずの自然が残る清流で、在来種のニッコウイワナの生息地として知られています。下流は渓流魚とアユが共生する比較的緩やかな流れで、夏は子どもたちの水遊び場などとしても人気です。

 前日光「横根山」を源流とする思川は北関東随一の渓谷美を誇ります。思川の上流は粕尾川と呼ばれ、ヤマメやイワナが生息する清流です。春は渓流釣り、夏はアユ釣りと、多くの釣り人でにぎわいます。
 また、秋には川沿いの樹木や遠くの山並みが紅葉し、見事な景観を見せてくれます。



大芦川の渓流釣り(解禁日は4月1日)

[遊漁料]

  • 年間=7,500円
  • 日釣券=1,700円(解禁日は2,200円)

*現場附加料金500円
[問合せ]西大芦漁業協同組合(鹿沼市草久1336の1) 電話:0289-74-2629

粕尾川の渓流釣り(解禁日は3月17日)

[遊漁料]

  • 年間=8,000円
  • 日釣券=2,000円

*現場附加料金500円
[問合せ]粕尾漁業協同組合(鹿沼市中粕尾391の3) 電話:0289-83-0543

[ところ]鹿沼市酒野谷1335の3
[利用料]1区画1泊2,600円から
[バーベキュー広場利用料]1炉1,000円
[問合せ]出会いの森総合公園管理事務所 電話:0289-60-3321
*受け付けは午前8時半から午後5時まで(月曜日正午から火曜日午後1時までと年末年始を除く)

出会いの森総合公園 オートキャンプ場所長 石塚 忠男さん

出会いの森総合公園 オートキャンプ場所長 石塚 忠男さん

 出会いの森の「出会い」という名前は、近くを流れる荒井川と大芦川がこのキャンプ場付近で合流することに由来しています。
 当施設は、キャンプ場といっても、シャワールームや電気設備を備えており、かつバリアフリーです。キャンプが初めての方やお子さん連れのご家族、障害のある方でも安心して楽しめます。春は施設に隣接する高鳥屋山のカタクリやヤマツツジ、河川敷の桜並木が美しいです。また、四季折々の催しや子ども向けワークショップを行っていますので、いつ来ても楽しめますよ。



今回ご紹介したスポットの詳細は、

鹿沼観光だより 四季彩のまち かぬま  検索

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで