このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2020年2月11日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2020年2月11日号

 すみだファミリー・サポート・センターは、子育ての手助けを必要とする方(ファミリー会員)と、子育てのお手伝いができる方(サポート会員)を地域でつなぐ会員組織です。現在、子育てのお手伝いをしてくださるサポート会員を募集しています。あなたもサポート会員となって、地域の子育ての輪に参加してみませんか。
[問合せ]

  • すみだファミリー・サポート・センター 電話:03-5608-2020
  • 子育て支援総合センター 電話:03-5630-6351

サポート会員は、どんな活動をしているの?

見守り
ファミリー会員宅にて、保護者在宅のもと、お子さんの見守りを行います。

送迎
保育園や幼稚園、小学校、学童クラブなどの送迎を行います。

預かり
保護者が外出する時などに、生後6か月以上のお子さんをお預かりします。

男性も活躍中!
子育ての合間にも活動できます!
謝礼金は1時間あたり800円から1,000円まで

サポート会員の実際の活動をご紹介します!

活動事例1 見守り

【サポート会員】金山 雅代さん(活動4年目)
【ファミリー会員】小西 直美さん(お母さん)とお子さん(生後6か月)

お母さん、今日は何作ってるのかなー?

金山さんの抱っこでご機嫌!

サポート会員の金山さんが小西さん宅を訪問し、お子さんのお世話をします。その間、小西さんは安心して家事をすることができます。

この日は、金山さんがお子さんを見ている間に小西さんは夕飯の支度をしていました。子育てのささいな疑問を金山さんに相談する場面も。

活動事例2 送迎

【サポート会員】児島 陵子さん(活動1年目)
【ファミリー会員】赤羽 直子さん(お母さん)とお子さん(2歳)

帰り道、おててつないで、安心!

おかえり! ただいま!

サポート会員の児島さんが、お子さんを保育園に迎えに行き、赤羽さん宅まで送ります。

「下の子が生まれたばかりで、手がかかる時期なので、児島さんが上の子の送り迎えをしてくださり、本当に助かっています。」と、赤羽さんも喜んでいます。

サポート会員からのメッセージ

金山 雅代さん

小西さん親子(左)と金山さん(右)

子どもはもちろん、親御さんたちの笑顔にも元気をもらっています!
 活動後に、親御さんから「おかげで、子育てのストレスから少し解放されて気持ちが和らいだよ」と言ってもらえることが、とても(うれ)しいです。
 子どもが好きな方であれば、子育て経験がない方でも、男女を問わず、地域の中で子育てのお手伝いができますよ。

児島 陵子さん

赤羽さんご家族(左)と児島さん(右)

同じ地域だからこそ、できることがあります
 昨年、会員登録し、現在は小学生の女の子の送迎など、無理なく活動をしています。地元だからこそ、地域の中で子どもを連れていけるお店や場所の情報をお母さんに教えてあげることもできます。子どもと接することが、私自身の元気の源となっています!

サポート会員になるには まずは「サポート会員養成集中講座」へ

[とき]3月6日(金曜日)午前8時半から午後3時半まで
[ところ]すみだボランティアセンター(東向島二丁目17番14号)
[対象]区内在住の20歳以上で、子育て支援に理解があり、心身ともに健康な方
[定員]先着10人
[費用]無料
*別途、各自で普通救命講習(1,400円)の受講が必要
[持ち物]筆記用具、エプロン、身分証明書
[申込み]事前に、すみだファミリー・サポート・センター(亀沢三丁目20番11号 関根ビル4階) 電話:03-5608-2020へ
*受け付けは午前9時から午後5時まで

前回の講習会の様子

サポート会員登録後、いざ活動へ!
 すみだファミリー・サポート・センターから活動依頼の相談があります。その後センター職員と一緒に、ファミリー会員との事前顔合わせを行います。

すみだファミリー・サポート・センターの概要・利用方法等の詳細は、リーフレットまたは区ホームページをご覧ください。

[配布場所]すみだファミリー・サポート・センター、子育て支援総合センター(京島一丁目35番9号103号室) ほか

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで