このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから
現在のページ トップページ の中の すみだ区報 の中の 2020年4月1日号 のページです。

すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」) 2020年4月1日号

情報経営イノベーション専門職大学 文花一丁目18番13号

 区では、文花地域の旧すみだ中小企業センターや学校跡地全体をキャンパスエリアとし、大学間交流・地域交流の場として利用できるまちづくりを進めています。こちらでは、4月に区内初の大学として開学した情報経営イノベーション専門職大学(以下、「iU(アイユー)」)を紹介します。
[問合せ]行政経営担当 電話:03-5608-6230

*iUと千葉大学デザイン建築スクール(仮称)の両大学の周辺地域を「キャンパスエリア」としています。



専門職大学って?

 平成29年5月から新たに設けられた職業大学のことです。特定の職業のプロフェッショナルになるために必要な知識・理論や、実践的なスキルを身に付けることができます。教員の多くが、その分野で豊富な実務経験を持つ「実務家教員」であることも特色の一つです。

教育の3つの大きな柱

 「iU」は、情報通信技術(ICT)力ビジネス力、グローバルコミュニケーション力を養うことを教育の柱としています。そして、「全学生が卒業するまでの4年間に最低1度は起業にチャレンジする」という点が大きな特徴です。

多様性に富んだ学生

 1期生として全国各地から約200人が入学し、中には社会人経験がある学生もいます。海外からの留学生も1割ほど在籍し、多様な学生が集まります。
 3年後には、全学年の生徒が(そろ)い、約800人の学生が在籍する予定です。

地域に開かれた大学

 校舎の周りには塀がなく、誰でも気軽に訪れることができます。今後、大学の食堂や図書館を開放し、夏休み期間中などには地域の方を対象とした公開講座も実施する予定です。

広い芝生!

情報経営イノベーション専門職大学設立準備室室長
宮島 徹雄さん

お話を伺った方

 本学の教育の柱である「ICT・ビジネス・英語」は、地域や企業が抱える課題に対し直接アプローチできる力です。例えば、ICTを活用した子どもたちへのプログラミング教育や事業所等の販売促進の支援、英語力を生かした観光客への通訳等ができます。
 ものづくりのまちであり、国際観光都市をめざす墨田区は、学生が大いに活躍できる、まさに「生きた学びのフィールド」だと思います。

墨田区青少年育成委員会連絡協議会会長
田口 武司さん

お話を伺った方

 地域の代表として、これまで区や大学と協議を続けてきました。地域の輪に大学が加わることで、放課後学習や文化活動を通じた子どもたちの学力の向上や、いきいきとした成長、高齢化の進む町会・自治会、商店街などの地域活性化につながると思います。
 学生には、地域のイベント等にも積極的に参加して、すみだを「わがまち」として、愛着を持って地域に関わってもらえたら(うれ)しいですね。

このページは広報広聴担当が担当しています。
本文ここまで