このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

ハクビシン・アライグマについて

更新日:2019年10月9日

最近、区内でハクビシンやアライグマの目撃情報が寄せられています。珍しいから、かわいいからといってむやみに近づいて触ろうとしたり、エサをあげたりしないようにしましょう。
ハクビシン(外来生物)とアライグマ(特定外来生物)は「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)」で、許可なく捕獲することは禁止されています。
家の天井裏や物置などに住みつくと、糞尿による異臭や家屋被害をうけることがありますので、これらの野生動物を居つかせない、そして増やさないためにも餌になるような物を屋外に放置しないなどの対応が必要です。
参考に、特徴、予想される被害などを掲載します。
みなさんのご理解とご協力をお願いします。

ハクビシンの特徴

  1. 顔の真ん中に白い線があります。
  2. 尾が胴体と同じくらいの長さです。
  3. 木登りが得意で、雨といや電柱を上手に登ります。また、バランス感覚が優れていて、電線を簡単に渡ります。 前足・後足とも5本指。
  4. 夜行性ですが、昼間も行動することがあります。
  5. 甘い果物が好物ですが、雑食性で、野菜や小動物、昆虫、鳥類やその卵も食べます。また、生ごみをあさったり、池で飼育している魚なども食べることもあるようです。
  6. 頭が入る隙間さえあれば、狭いところでも自由自在に通り抜けることができます。
  7. スリムな体形、頭から尾の先まで90から110センチメートル、体重は3から4キログラム程度。

アライグマの特徴

  1. 目の周りの黒いマスク模様が特徴です。
  2. 尾にリング状の5本から7本の縞模様があります。
  3. 雑食性です。
  4. ハクビシンと比べて気性が荒く凶暴であり、注意が必要です。

中型犬くらいの大きさ、頭から尾の先まで70から90センチメートル
体重は4から10キログラム程度

予想される被害について

ハクビシンやアライグマが関係する被害には次のようなものがあります。

  1. 住宅の敷地内にある果実(柿やブドウなど)を食べられた。
  2. ペットのえさが食べられた。
  3. ベランダなどにフンをされた。
  4. 天井裏や軒下、床下にすみつかれ、物音がする。

野生動物を寄り付かせないために

エサとなる食べものを絶つ工夫

野生動物に餌付けをすると、動物は人の食べ物の味を覚え、これらに依存するようになります。さらに、人を恐れなくなり様々な被害を発生させる原因にもなります。珍しいから、かわいいからといって、餌を与えることはやめましょう。

  1. ごみ出しは夜間におこなわない。集積日の朝に出すようにします。 
  2. ペットフードは、屋外に放置せず食べ残しは速やかに回収してください。
  3. 生ごみを庭に埋めない。
  4. 庭木の果実(柿やビワなど)は、早めに収穫する。

など

家屋に浸入されない工夫

  1. 敷地内の果実の実は早めに収穫するか網などをかけてください。
  2. 床下や軒下の穴や通風口などに破損がある場合は、修復をして破損個所を塞いでください。ハクビシンは頭が入る隙間(8cm四方程度の隙間)さえあれば侵入してしまいます。空き家や物置小屋なども同様です。
  3. ペットのエサなどは放置しない。
  4. 庭の池等は、網をかけ、飼育されている魚などが捕食されないような対策を講じてください。
  5. 家の屋根に伸びるような木の枝があれば剪定し、ベランダや屋根に渡ってこないようにしましょう。

被害が続く場合や天井裏に入り込まれてしまった場合

鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律により、許可なくハクビシンやアライグマを捕獲することはできません。
捕獲の許可を得ている専門業者にご相談をお願いします。

捕獲業者について

専門業者の団体((公益社団法人)東京都ペストコントロール協会)に墨田区内、近隣区の専門業者が登録をされています。
ご相談や業者の紹介については、東京都ペストコントロール協会にお問い合わせください。
複数の業者に見積もりを依頼するなどして、条件・費用等をご確認の上、ご依頼をお願いします。
なお、捕獲等の費用は個人のご負担となります。(捕獲等に関する補助金・助成金はありません。)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは環境保全課が担当しています。

本文ここまで