このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

国民健康保険の高齢受給者証を8月に更新します

更新日:2018年7月11日

 国民健康保険に加入している70歳から74歳の方に新しい高齢受給者証を今月下旬に郵送します。なお、年度途中で後期高齢者医療制度へ移る方の高齢受給者証の有効期限は、75歳の誕生日の前日です。
 昭和19年4月1日までに生まれた方で、自己負担割合が1割の方の高齢受給者証には、「2割(特例措置により1割」と記載されています。これは、国の方針に基づき1割負担が継続されたためです。昭和19年4月2日以降に生まれた方は2割です。ただし、現役並み所得者は3割です。
 なお、負担割合が3割の方で、次のいずれかに該当する方は、申請によって負担割合が1割または2割に軽減されます。申請方法等の詳細は、お問い合わせください。

負担割合の変更基準

 軽減の対象
 ■3割負担の方のうち、同じ世帯に属する70歳から74歳の国民健康保険加入者の収入の合計が520万円未満(単身世帯では収入383万円未満)の方
 ■同じ世帯に属する方が後期高齢者医療制度へ移行したことに伴って新たに3割負担となった方のうち、課税所得が145万円以上、かつ収入が383万円以上であり、後期高齢者も含めた収入の合計が520万円未満の方

 
 申請手続きにおける収入とは、給与収入、公的年金収入、不動産収入、事業収入、雑収入、一時収入、譲渡収入などで、総合課税分だけでなく分離課税されるものも含みます。
 また、平成28年12月31日現在において、同一世帯に合計所得38万円以下で19歳未満の被保険者がいる世帯主の方は、住民税の課税所得金額から調整額(16歳未満は1人につき33万円、16歳以上19歳未満は1人につき12万円)を控除し判定しています。
 

申請に必要なもの

 ・確定申告書の控え等収入を証明するもの
 ・高齢受給者証 
 
 申請手続きは、お知らせを受け取った日から14日以内に行ってください。14日を過ぎると、適用が申請を受け付けた翌月となります。

申請場所

墨田区役所 2階 国保年金課こくほ資格係

※出張所ではこの申請は出来ません。 

診察を受けるとき

 診察を受けるときは、保険証と一緒に高齢受給者証を医療機関に必ず提出してください。提出されない場合は、70歳以上の方の自己負担限度額が適用されない場合があります。

現在お持ちの高齢受給者証の返却

 現在お持ちの高齢受給者証は、8月1日以降に、問合せ先または各出張所へ直接お持ちいただくか、郵送でご返却ください。

問合せ先

墨田区区民部国保年金課こくほ資格係(区役所2階)
電話 03-5608-6122

お問い合わせ

このページは国保年金課が担当しています。

本文ここまで