このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

軽自動車税とは

更新日:2019年5月7日

 軽自動車やバイク等の所有者に対して課税するもので、道路損傷負担的な性格と、財産税的な性格をもっています。
 4月1日現在、原動機付自転車、二輪の小型自動車、軽自動車、小型特殊自動車を持っている方に1年分の税金が課税されます。

税額

原動機付自転車、軽二輪車等

車種 区分 27年度まで(年税額) 28年度から(年税額)
原動機付自転車 総排気量50シーシー以下、又は定格出力0.6キロワット以下 1,000円 2,000円

総排気量50シーシー超、90シーシー以下、又は定格出力が0.6キロワット超、0.8キロワット以下の二輪車

1,200円 2,000円
総排気量90シーシー超、125シーシー以下、又は定格出力0.8キロワット超、1キロワット以下の二輪車 1,600円 2,400円
ミニカー(注釈1) 2,500円 3,700円
小型特殊自動車 農耕作業用 1,600円 2,400円
その他(フォークリフト等) 4,700円 5,900円
軽二輪自動車 総排気量125シーシー超、250シーシー以下 2,400円 3,600円
二輪の小型自動車 総排気量250シーシー超 4,000円 6,000円
ボートトレーラー、専ら雪上を走行するもの等 2,400円 3,600円

(注釈1)総排気量が20シーシー超、50シーシー以下、又は定格出力0.25キロワット超、0.6キロワット以下で、(1)輪距が0.5メートル超の三輪以上の車、(2)輪距が0.5メートル以下で車室のある四輪以上の車、(3)輪距が0.5メートル以下で側室が開放されていない車室のある三輪の車、のいずれかに該当するもの。

三輪以上の軽自動車

種別 区分 27年3月31日までに最初の新規検査を受けた車両(年税額) 27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた車両(年税額) 最初の新規検査から13年を経過した車両(注釈2)(年税額)
軽三輪自動車 総排気量660シーシー以下 3,100円 3,900円 4,600円
軽四輪乗用(自家用) 総排気量660シーシー以下 7,200円 10,800円 12,900円
軽四輪乗用(営業用) 総排気量660シーシー以下 5,500円 6,900円 8,200円
軽四輪貨物(自家用) 総排気量660シーシー以下 4,000円 5,000円 6,000円
軽四輪貨物(営業用) 総排気量660シーシー以下 3,000円 3,800円 4,500円

(注釈2)電気軽自動車、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車、ガソリン・電力併用軽自動車及び被けん引自動車は、対象外です。

一定の環境性能を備えた軽自動車(注釈3)
種別 区分 電気、天然ガス軽自動車(注釈4)(年税額) ガソリンを内燃機関の燃料とするもの(注釈5)(年税額) ガソリンを内燃機関の燃料とするもの(注釈6)(年税額)
軽三輪自動車 総排気量660シーシー以下 1,000円 2,000円 3,000円
軽四輪乗用(自家用) 総排気量660シーシー以下 2,700円 5,400円 8,100円
軽四輪乗用(営業用) 総排気量660シーシー以下 1,800円 3,500円 5,200円
軽四輪貨物(自家用) 総排気量660シーシー以下 1,300円 2,500円 3,800円
軽四輪貨物(営業用) 総排気量660シーシー以下 1,000円 1,900円 2,900円

(注釈3)平成31年度の軽自動車税について適用されます。
(注釈4)電気・天然ガス車のうち平成30年排出ガス基準適合又は平成21年排出ガス基準10パーセント低減のもの
(注釈5)ガソリン車のうち平成30年排出ガス基準50パーセント低減又は平成17年排出ガス基準値75パーセント低減かつ、乗用については、平成32年度燃費基準値より30パーセント以上燃費性能の良いもの、貨物用については、平成27年度燃費基準値より35パーセント以上燃費性能の良いもの
(注釈6)ガソリン車のうち平成30年排出ガス基準50パーセント低減又は平成17年排出ガス基準値75パーセント低減かつ、乗用については、平成32年度燃費基準値より10パーセント以上燃費性能の良いもの、貨物用については、平成27年度燃費基準値より15パーセント以上燃費性能の良いもの

問い合わせ先

税務課税務係(区役所2階)
電話:03-5608-6134

お問い合わせ

このページは税務課が担当しています。

本文ここまで