このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

東京2020パラリンピックカウントダウンイベント「みんなの Tokyo 2020 1000 Days to Go!」が開催されました

更新日:2017年12月5日

東京2020大会組織委員会と東京都は、東京2020パラリンピック競技大会の開幕1000日前の節目に合わせ、東京スカイツリータウン(R)でカウントダウンイベントを開催しました。
アスリートと区内の小学生が参加するステージイベントや、東京スカイツリー(R)が特別ライトアップされたほか、大会オフィシャルパートナー企業等による競技体験コーナーなどが設けられ、大人から子供まで楽しめるイベントが行われました。
【主催】公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都
【後援】公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会(JPC)、墨田区

概要

日時

平成29年11月29日(水曜日)
 ステージイベント「I’m POSSIBLE」:午後3時から4時まで
 セレモニー:午後5時25分から6時まで
 主催者、パートナー企業等のブース出展:正午から午後8時まで
 スカイツリー特別ライトアップ:午後5時54分頃から午前0時まで

場所

東京スカイツリータウン(R)4階スカイアリーナほか(墨田区押上一丁目1番2号)

その他

イベントの詳細は、東京2020大会組織委員会公式ホームページでご確認いただけます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京2020パラリンピックカウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 1000 Days to Go!」(外部サイト)

当日の様子


特別ライトアップされたスカイツリーを「1」に見立てて「あと1000日」

セレモニー

小池百合子都知事や山本区長のほか、東京2020大会で活躍が期待されるアスリート、スペシャルゲストのYOSHIKIさんも参加して盛大に行われました。

競技体験コーナー

会場内にはさまざまなパラスポーツを体験できるコーナーがあり、大勢の人で賑わっていました。


陸上競技用の車いすに乗ってみました


ボッチャも大人気


ボッチャの進化形(?)サイバーボッチャ 近未来空間のようです

ステージイベント「I'm POSSIBLE」

業平小学校4年生の児童60名と緑小学校6年生の児童60名も参加し、パラリンピアンからいろいろなことを学びました。


熱心に話を聞く児童たち


積極的に質問をしていました


みんな思い思いに「1000日後の自分」をボードに書いて「はいチーズ」

企画展示

大学生や専門学校生が「パラスポーツの魅力をアートで伝える」というテーマでつくった作品を展示したコーナー。墨田区からは、学校法人立志舎 東京IT会計専門学校と学校法人立志舎 日本スクールオブビジネス21の学生さんの作品が出展され、好評を得ていました。


素晴らしい作品が並びます


東京IT会計専門学校の学生さんによるコンピュータグラフィック


「サンドブラスト」という技法で作られた日本スクールオブビジネス21の学生さんによるグラス

お問い合わせ

このページはオリンピック・パラリンピック準備室が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで