このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

【イベント・参加者募集中】心のバリアフリー普及啓発プロジェクト「もっと知りたい ハンディキャップのこと」

更新日:2019年11月14日

墨田区では、東京2020大会の重要な柱である共生社会の実現に向けて、平成29年度から「心のバリアフリー」の普及に取り組んできました。本年度は、区の主要産業である「ものづくり」と、下町文化の「銭湯」を切り口として、多様性についての理解やお互いを思いやるきっかけになってほしいと思い、以下のイベントを行います。
※第2弾・第3弾のイベントについては、事前申込制(先着順)となります。

啓発イベントの告知チラシ

第1弾  見よう!体験しよう!「 福祉の課題に挑むすみだのものづくり企業」

実施日 ※たくさんのご参加ありがとうございました。

令和元年10月5日・6日 両日ともに 午前10時から午後4時まで

場所

第44回すみだまつり・第49回こどもまつり 
錦糸公園(墨田区錦糸4-15-1) 
野球場 / 「ボクシング・パラスポーツ チャレンジパーク」内

参加費

無料

実施概要

福祉課題に挑む区内事業者の製品を体験して、墨田区の主要産業「ものづくり」や「心のバリアフリー」について考えるきっかけとなります。

出展内容

  • 「うきうきシャツエプロン」(フットマーク株式会社)
  • 「持ち方フリーのスプーン&フォーク オプナ」(有限会社チバプラス・有限会社ディーエムシー)
  • 「多機能6輪電動車椅子レル・シリーズ」(有限会社さいとう工房)
  • 「お絵かきコマのワークショップ」(一坪アトリエ 宵湖舎)
    ※点字の廃材を再利用したお絵かきたコマの作成(1日限定30人)

第2弾 福祉×ものづくり「電動車いすから生まれる新しい仕事」 ※定員に達しましたので、募集を締切りました。たくさんの応募ありがとうござました。

車いすの写真

さいとう工房は、車いすの可能性をどんどん広げ、世界中から視察に訪れたり、研修生が学びに来ます。その発想は、楽しさ、やさしさ、かっこよさ。今回はアメリカの居住経験からSNSやタレント活動を通してバリアフリーについて発信している中嶋涼子さんと、福祉×ものづくりが生み出す新しい仕事についてお話を聞きます。

日程

令和元年11月16日(土曜日) 午前10時30分から午前12時まで(開場:午前10時)

場所

レルcommunity(墨田区本所4-26-7 川名ビル1階)

参加費

250円(福祉施設の手づくりクッキー、ハンドブック付き)
※イベントへご参加いただいた皆さまに、気づくことから始める、ハンドブック「もっと知りたい。ハンディキャップのこと」を差し上げます。
ハンドブックでは、障害を持つ3人の方へのインタビューのほか数字で見るバリアフリーの現状などを紹介しています。


「もっと知りたい。ハンディキャップのこと」ハンドブック

定員 ※定員に達したため、募集を締切りいたしました。

先着20名

応募締切

令和元年11月10日(日曜日)

登壇者

斎藤 省氏〈有限会社さいとう工房 代表取締役社長〉
(2016年内閣府「バリアフリー・ユニバーサル推進功労賞〈第15回〉」受賞)

中嶋 涼子氏〈車椅子モデル・インフルエンサー〉

第3弾 福祉×銭湯「銭湯がつなぐ さまざまな福祉のかたち」 ※参加者募集中です!!

御谷湯の内観

天然温泉の御谷湯(みこくゆ)には、福祉型家族風呂があります。介護が必要な方(要支援または障害者手帳をお持ちの方)とご家族が広い浴室で貸し切り入浴できます。そして、御谷湯の清掃を担当しているのが2階に併設している就労継続支援事業所「カラコネオフィス」のスタッフのみなさんです。福祉×銭湯で、さまざまな福祉のかたちが見えてきます。

日程

令和元年11月23日(土曜日) 午後1時から2時30分(開場:午後0時30分)

場所

御谷湯(みこくゆ)(墨田区石原3-30-8)

参加費

470円(銭湯入浴券、ハンドブック付き)
※イベントへご参加いただいた皆さまに、気づくことから始める、ハンドブック「もっと知りたい。ハンディキャップのこと」を差し上げます。
ハンドブックでは、障害を持つ3人の方へのインタビューのほか数字で見るバリアフリーの現状などを紹介しています。
※当日、銭湯の入浴はありません。(銭湯入浴券は、後日使用ください。)

定員

先着20名

応募締切

令和元年11月17日(日曜日)
※応募締切後も、定員に余裕がありましたら、ご案内することができます。ご希望される方は、担当まで問合わせください。

登壇者

伊藤氏・ボーン氏

左) 伊藤 林氏〈御谷湯 代表〉
右) ボーン・クロイド氏〈特定非営利活動法人カラフル・コネクターズ代表〉

お申込み(第2弾・第3弾のイベントについて)

第2弾・第3弾の対談イベントへの参加をご希望の方は、以下の項目をEメール又はファックスで送りください。

  1. お名前
  2. 連絡先(電話番号、メール又はファックス番号)
  3. 参加ご希望の対談
    〈A〉福祉×ものづくり「電動車いすから生まれる新しい仕事」
    〈B〉福祉×銭湯「銭湯がつなぐさまざまな福祉のかたち」
  4. 在住・在勤地(墨田区/その他)
  5. ご参加の理由

申込先

Eメール:OLY-PARA2020@city.sumida.lg.jp
ファックス:03-5608-6934

問合先

墨田区 地域力支援部 オリンピック・パラリンピック準備室
担当:関、大場
電話:03-5608-1445
E-mail:OLY-PARA2020@city.sumida.lg.jp

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページはオリンピック・パラリンピック準備室が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

イベント情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで