このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

【募集中】Peace Orizuru〜あなたの折り鶴が「オリンピック休戦」の力になる〜

更新日:2019年1月31日

 ピース折り鶴(Peace Orizuru)は、平和の象徴である「折り鶴」作りを通して、戦争や争いのない世界を実現していく活動です。
 墨田区は、1945年3月10日に「東京大空襲」で甚大な被害を受けた地域であり、毎年3月のこの時期に墨田区役所1階アトリウムにて折り鶴による「平和のオブジェ」を制作しています。
 いよいよ来年、東京でオリンピックの開催が迫っていますが、古代オリンピックの故事から「平和の祭典」と呼ばれており、「オリンピック休戦」という世界平和を祈念する想いを広げる活動がされています。

 現在、墨田区役所1階のアトリウムの一角に特設折り鶴コーナーとして、「ピース折り鶴用の折り紙」と「回収箱」を設置しています。
みなさまの「平和祈念するメッセージ」を「ピース折り鶴」に書いて回収箱へ入れてください。
(本区のイベントの中において掲出の予定をしています。)

〜オリンピック休戦について〜

 2800年前の古代オリンピックでは、競技者や観客が安全に各地から開催地のオリンピアまで辿り着き、競技の後も、無事に帰路に就くことができるようにと、その期間は戦争を休止していました。

 この故事にならい、1992年に国際オリンピック委員会(IOC)はアスリートやスポーツの価値を守り、世界中の戦争をより平和的かつ民主的な解決にむかう道を目指して「オリンピック休戦」を提唱、1994年のリレハンメル大会からこの取組は始まりました。

(ピース折り鶴は、東京2020大会に向けたその取組の一環です。)

場所

墨田区役所 1階 アトリウム(特設折り鶴コーナー)

提出方法

 備え付けの「ピース折り鶴用の折り紙」で折った鶴に「平和のメッセージ」を書いて、2月28日(木曜日)までに回収箱へ入れてください。
 ※2月18日(月曜日)から庁舎1階アトリウムで「平和のオブジェ」制作作業を行うため、特設折り鶴コーナーが移動する可能性があります。

関連リンク

 Instagramやtwitterのアカウントお持ちの方は、『#PEACEORIZURU』をつけて投稿すると、東京2020組織員会の活動とも連動しています。
※『#PEACEORIZURU』といっしょに『#Olympic Truce』『#オリンピック休戦』『#Tokyo2020』もつけてください。
※投稿内容は、東京2020大会組織員会で2020年のオリンピック会場などで使用も検討してます
(詳細はリンクを参照)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページはオリンピック・パラリンピック準備室が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

イベント情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで