墨田区公式ウェブサイト
サイトメニューをとばして本文へサイトメニューここからトップページへ よくある質問へ サイトマップへ


現在のページ 教育委員会事務局の中の 生涯学習の中の 学習支援・文化事業の中の 文化財の保護・普及の中の 文化財一覧の中の 墨田区登録文化財の中の 登録有形文化財(歴史資料)の中の 蓮花寺の石柱道標 文化十五年銘 1基、文政五年銘 1基のページです。

本文ここから

蓮花寺の石柱道標 文化十五年銘 1基、文政五年銘 1基

住所:東向島三丁目23番17号 蓮花寺

蓮花寺の石柱道標 文化十五年銘 1基、文政五年銘 1基

 蓮花寺は、鎌倉幕府5代執権・北条時頼の甥にあたる頼助が諸国回遊の折に寺島に一寺を建立し、時頼が鎌倉に創建した蓮華寺を遷したものといわれます(現在は蓮花寺)。弘法大師を本尊とし、寺島大師と呼ばれています。
 文化15年(1818年)銘の道標は、現在の地蔵坂の墨堤上に建てられていたものが蓮花寺に移されたものと考えられています。台座正面に「と組」とあり、町火消か鳶職人らにより、女人済度の功徳も込めて建立されました。右側面に「右 大しミち」、左側面に「左 たいしみち」とありますが、寺島大師(蓮花寺)と西新井大師を指すと思われます。
 文政5年(1822年)銘の道標は、正面に「厄除弘法大師」とあり、初めから蓮花寺門前に建てられていたと考えられます。右側面に「西 白ひげはしば みち」とあり、白鬚神社から浅草橋場への道を示しており、霊験あらたかな大師として賑わった当時をしのばせます。

このページは 生涯学習課 が担当しています。
本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ
ホームページアンケート実施中
サブナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページの先頭へ

Copyright (c) Sumida City. All rights reserved.