このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

戸籍の証明等の請求書(委任状を含む)

更新日:2016年1月1日

申請上の注意事項

 どなたが請求されるかにより、持参していただくものが下記のとおり異なりますので、ご注意ください。

戸籍に記載されている方、その方の配偶者、直系尊属(父母・祖父母)、直系卑属(子・孫)及び相続人が請求する場合

  ア 来庁する方の身分証明書
  イ 戸籍の使用者(請求者)と証明してほしい方との親族関係がわかる戸籍の全部事項証明(戸籍謄本)等

代理人が請求する場合

  ア 委任状
  イ 来庁する方の身分証明書
  ウ 戸籍を使用する方(請求者)と請求する戸籍の筆頭者とが異なる場合、その親族関係を証明できる戸籍の全部事項証明書(戸籍謄本)等
 *請求する戸籍等の本籍・筆頭者・請求理由など、必要事項がわかるようにして来庁してください。

第三者が請求する場合

 請求理由がプライバシーの侵害や差別につながるような不当な目的によると思われる時は、交付できません。
(1)個人の場合
   ア 来庁する方の身分証明書
   イ 戸籍の使用者(請求者)と証明してほしい方との関係及び請求理由を証明する資料等
(2)会社の場合
   ア 来庁する方の身分証明書
   イ 会社との関係が分かる証明(社員証等)
   ウ 委任状
   エ 代表者の資格を証する書面(法人登記簿・代表者資格者証等)

職務上の請求の場合

(1)資格者本人が請求する場合
   ア 職務上請求用紙
   イ 来庁する方の身分証明書等(資格者証、個人番号カード※個人番号通知カードは該当しません、住民基本台帳カード、旅券、運転免許証等)
(2)補助者が請求する場合
   ア 職務上請求用紙
   イ 委任状(補助者証以外のものを提示した場合に必要になります。)
   ウ 来庁する方の身分証明書(補助者証、個人番号カード※個人番号通知カードは該当しません、住民基本台帳カード、旅券、運転免許証等)
 

記入要領

 戸籍の全部事項証明(戸籍謄本)、戸籍の個人事項証明(戸籍抄本)等の請求にあたっての記入要領

どなたの戸籍が必要ですか

 必要な戸籍の本籍と筆頭者の氏名をお書きください。
 なお、筆頭者の氏名は、亡くなられても変わりません。また、最近戸籍の届出(出生・死亡・婚姻・離婚その他)をされた方は、その旨を窓口職員にお伝えください。

なにが必要ですか

1 戸籍は墨田区に本籍がない場合は、申請できません。
2 2種類以上必要なときは、請求書を別々にお書きください。
3 一部事項証明(記載事項証明)は、特別な事由がある場合に限り、利害関係人が請求できるものです。カッコ内に出生、死亡、婚姻等届出名と届出日をお書きください。また、裏面に提出先と使用目的を具体的にお書きください。
4 受理証明は、届出等が受理されたことを証明するもので、墨田区に届出をされた場合に証明を受けることができます。カッコ内に出生、婚姻等届出名と届出日をお書きください。
5 身分証明のカッコには、生年月日をお書きください。なお、本人以外の場合は、本人直筆の委任状が必要です。
6 独身証明書、婚姻要件具備証明書が必要な場合は請求書の「その他証明」に、必要となる証明の名称をご記入ください。なお、独身証明書及び婚姻要件具備証明書は、ご本人様のみ請求することができます(委任状不可)。また、婚姻要件具備証明書は、日本国籍ではない方との婚姻をする際に必要となる場合があります(詳しくは入国管理局にお問い合わせしてください)。

使う人(請求者)はどなたですか

1 使う人(請求者)は、いずれの資格を有する者であるかを請求書に具体的に記載して明らかにする必要がありますので、住所、氏名、連絡先をお書きください。また、筆頭者からみた関係にチェックをしてください。
2 兄弟、姉妹、叔父、叔母、甥、姪等は、直系尊属又は直系卑属にあたらないため、これらの資格で請求する場合にはその他にチェックをし、裏面に請求理由を具体的にお書きください。

窓口にきた人はどなたですか

 使う人(請求者)の代理人の場合は、委任状が必要になります。

手数料

証明手数料については、「戸籍証明の種類と手数料」をご参照ください。

申請先(所管課担当・問い合わせ先)

窓口課 証明係 区役所1階
電話:03-5608-6104(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは窓口課が担当しています。

本文ここまで