このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

【終了】北十間川周辺における公共空間の活用に関する「サウンディング型市場調査」について(対話結果を掲載しました)

更新日:2019年7月12日

 墨田区では、墨田区基本計画に位置付けられている北十間川・隅田公園観光回遊路整備事業(以下、「本事業」という。)を鋭意推進しており、令和2年度末に向けて東京都及び墨田区の実施する耐震護岸・親水テラス、隅田公園及びコミュニティ道路の公共空間整備ならびに東武鉄道株式会社が実施する鉄道高架下整備(店舗など)が進んでいます。
 本事業においては、これらの整備のみに留まらず、整備してからが「スタート」と考え、公共空間及び鉄道高架下を一体的かつ有効に活用することにより、浅草、東京スカイツリーの二大観光地間をつなぐ賑わいを創出し、当該賑わいを持続・向上させることで、周辺地域の価値を向上させていきたいと考えています。
 本事業を契機として、北十間川の公共空間の活用について、北十川水辺活用協議会の賑わい創出部会と連携したワークショップを開催し、令和元年度墨田区議会定例会2月議会で「公共空間の活用方針」を説明しています。本活用方針をもとに民間事業者の皆様と個別に対話を実施し、公共空間の賑わい創出や新たな楽しみかたなど、公共空間の魅力を高めるような活用や公共空間の管理運営事業者公募の条件整理に役立てたいと考えていますのでご参加くださいますようお願いします。
 今回の調査結果をもとに令和元(2019)年度下期に、具体的な事業スキームなどについて提案を頂くサウンディング型市場調査、令和2(2020)年度には北十間川周辺の公共空間における管理運営事業者の公募を予定しています。

サウンディング型市場調査概要

対象となる公共空間

隅田公園、北十間川、区道墨22号線

質問の受付及び回答

質問がある場合は、令和元年5月27日(月曜日)17:00までに、所定の様式により公共施設マネジメント担当宛ての電子メールにて受付を行ないます。質問に対する回答は区公式ウェブサイトに掲載する予定です。
詳細については、「実施要領」にてご確認ください。

【質問に対する回答】

対話の実施

対話を令和元年6月17日(月曜日)から6月21日(金曜日)で実施する予定です。申し込みについては、所定の様式により公共施設マネジメント担当宛ての電子メールにて受付を行ないます。
詳細については、「実施要領」にてご確認ください。

【対話結果】 (令和元年7月12日掲載)
令和元年6月17日〜21日の間に、9者と対話を実施いたしました。ご協力頂き誠にありがとうございました。
※結果については、以下よりダウンロードください
本対話結果から民間活力を導入した公共空間の管理運営について検討し、令和元年度下期に再度サウンディング型市場調査の実施を予定しています。引き続きご協力のほど、よろしくお願いします。

サウンディング型市場調査実施要項・様式・参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは公共施設マネジメント担当が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで