このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

押上・とうきょうスカイツリー駅周辺地区地区計画

更新日:2020年7月30日

地区計画の概要

目標

 新タワーを活かした区内各所への観光の入口として、また防災の拠点として、今後、その位置にふさわしい整備が求められており、「都市文化を楽しむまち」、「安全安心で災害に強いまち」、「地球にやさしい水と緑のまち」、「人にやさしい移動しやすいまち」を将来都市像として掲げ、商業・業務・文化・住宅の複合開発による新しい拠点の形成を目指している。

位置、面積

位置

墨田区向島一丁目、向島三丁目、向島四丁目、押上一丁目、押上二丁目、押上三丁目、吾妻橋三丁目、業平一丁目、業平二丁目、業平三丁目、業平四丁目及び東駒形四丁目各地内

面積

約35.2ヘクタール

地区の区分

押上・とうきょうスカイツリー駅周辺地区地区計画の地区の区分

方針、内容

地区計画届出の手引き

経緯

平成20年3月
押上・業平橋駅周辺地区地区計画(約35.2ヘクタール)の都市計画決定
[新タワーゾーンA・B・鉄道施設地区(約9.1ヘクタール)地区整備計画]

平成24年5月
地区計画の変更[にぎわいゾーンC・D地区(約8.7ヘクタール)地区整備計画]

平成27年1月
地区計画の変更[にぎわいゾーンE・F地区(約6.1ヘクタール)地区整備計画]

平成28年3月
東武鉄道伊勢崎線(とうきょうスカイツリー駅付近)連続立体交差事業及び関連道路の都市計画決定
地区計画の変更[方針]

令和元年11月
地区計画の変更[名称・方針・新タワーゾーンB地区(約1.7ヘクタール)地区整備計画]

関連リンク

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページは拠点整備課が担当しています。

本文ここまで