このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

新たな防火規制とは

更新日:2005年5月25日

「東京都建築安全条例」の第7条の3で規定するもので、災害時の火災による危険性が高い地域の準防火地域内において、建築物の耐火性能を強化するものです。墨田区においては、平成15年10月1日から区北部地域(東墨田、押上一丁目を除く)に指定しました。

規制内容

・原則として、すべての建築物は、準耐火建築物以上とします。
・延べ面積が500平方メートルを超えるもの、又は地階を除く階数が4以上のものは耐火建築物とします。

緩和措置

地域の状況を踏まえ区では、平成15年11月6日から、本規制区域内で準防火地域内の準工業地域では、建ぺい率を60%から80%に緩和しました。

お問い合わせ

このページは都市計画課が担当しています。

本文ここまで