このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

すみだタウンミーティング 〜区長と語る 産業振興を通したまちづくり〜

更新日:2019年12月19日

取材日:2019年12月12日

担当者:産業振興課 吉川

すみだタウンミーティング 〜産業振興を通したまちづくり〜

 区の仕事を一言で表すと、区民の皆さんが幸せに暮らせるまちをつくることです。そのためには、区民の皆さんの考えを知らなくてはなりません。この「すみだタウンミーティング」は、区長が直接、区民の皆さんと対話し、その意見を区政に反映させることを目的に、様々なテーマを設定して年数回開催しています。
 12月12日開催分のテーマは「産業振興を通したまちづくり」。
 日ごろ、産業ということを意識する場面は少ないかも知れません。しかし、衣・食・住・職・遊など、私たちの生活すべてに産業は関わっています。産業を活性化すると、すみだのまちがどう良くなるのか、ものづくりのまちとして発展してきた墨田区における産業とまちの将来像などについて、36人の参加者の皆さんと区長が一緒に考えました。


産業界だけでなく、様々な方々に参加していただきました。

司会者はすみだの産業人

 この日の司会者は、日本橋梁工業株式会社の菊地智美さん。
 日本橋梁工業株式会社は、昭和39年に菊地工業所として創業。昭和53年に日本橋梁株式会社を設立し、昭和55年に日本橋梁工業株式会社に改名し現在に至っています。橋や高速道路をつなぐ道路橋梁用伸縮継手装置の開発・製造・販売・施工を手掛けており、同社の製品は日本各地で橋や高速道路などを支えています。
 専務取締役である菊地さんは、すみだの産業の次代を担う若手人材を育成する「フロンティアすみだ塾」の卒塾生でもあり、今回のテーマにぴったりの方です。お話も上手で、和やかな雰囲気の中で手際よく進行してくださいました。

キーワードは「はたらく」

 区長との意見交換の前に、区が今後「産業振興を通したまちづくり」に取り組んでいく際の基本的な考え方を、産業観光部長がお話ししました。
  簡単にまとめると、次のようになります。
 墨田区が掲げる将来のまちの姿の一つに「働き続けたいまち」がありますが、「働き続けたいまち」とはどんなまちなのかを考える際には、「はたらく」ことの意義をはっきりさせる必要があります。生活のために収入を得ることは「はたらく」ことの大きな目的の一つですが、それだけではないはずです。役に立ちたい、必要とされたい、愛されたい―「はたらく」ことの根源的な意義は、むしろこういうことにあるのではないでしょうか。こうした「はたらく」ことの意義を見据え、現在、そして将来の社会状況を踏まえたうえで、「働き続けたいまち」づくりに取り組んでいきます。

区長登場

 産業観光部長の話の後、参加者が数人のグループに分かれて、ものづくりや商業・観光の振興を通して、将来、墨田区のまちがどのようになるといいかについて話し合いました。漠然としたテーマではありましたが、そこは地域力の高い墨田区。日々の仕事や日常生活、歴史、地域性など、様々な視点で活発な議論が展開されました。

 そして、いよいよ山本区長が登場し、ディスカッションスタート。主な意見・論点は、

  • かつての墨田区には、父ちゃん・母ちゃん・兄ちゃんで支える「さんちゃん企業」が多くあり、それがまちの良さを生み出していた。こうした家族経営の零細企業が生き残るためには、跡取りがいることが大切なので、このような面からの支援の充実を。
  • 墨田区には大きな工場がたくさんあったが、ほとんどが区外に移転した。問題なのは、大きな工場の移転に伴い、協力工場・下請け工場がなくなったこと。これにより、墨田区の産業が打撃を受けた。加えて、大工場の跡地の活用の仕方により、まちのにぎわいが大きく変わってくる。人やお金が回るような跡地活用を。
  • 墨田区の産業の特徴の一つである伝統工芸について、その歴史や制作過程などを教育現場で伝えていくべき。現在は、単発のイベントでこうした機会を設けているが、恒常的に触れることのできる場が必要。

 いずれも、墨田区の歴史や特徴を踏まえたうえで、将来の産業やまちの在り方を問う重要な論点です。区長は、それぞれについて区の考え方を述べ、「産業振興を通したまちづくり」の推進には、墨田区が持っている大きな可能性を「オールすみだ」で信じることが欠かせないと結びました。

すみだの産業とまちの将来像を示すマスタープラン

 人口構造の変化、働き方の多様化、インバウンドの急増、SDGsやSociety5.0への対応など、社会は目まぐるしく変化しています。このような激しく・速い変化にも対応できるよう、区では現在、産業・観光に関わるプランの改定を進めています。 産業と観光を一体的にとらえながらも、墨田区の発展を支えてきたものづくりをしっかりと見据え、すみだの産業とまちの将来像を示し、それを実現するための戦略や施策等を整理したものになります。
 新たなプランは、今回の「すみだタウンミーティング」での意見交換の内容を踏まえ、区民の皆さんにとって分かりやすい内容にし、皆さんと共有できるものにしていきます。

お問い合わせ

このページは産業振興課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

防災・安全安心情報

職員取材日記

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで