このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

社会福祉会館

更新日:2018年4月11日

社会福祉会館は、人権・同和問題の相談事業をはじめ、福祉増進を図るため、教養、娯楽、体育の向上、児童の健全育成、地域の交流を目的にして、乳幼児から高齢者まで幅広い区民を対象に各種事業を実施しています。館内には乳幼児から高齢者まで利用できる各施設とサークル活動等が利用できる有料貸出施設を備えています。

会館からのお知らせ

平成30年度乳幼児事業の募集をします。詳しい内容につきましては下記の募集ちらしをご覧ください。

利用案内

開館日・定休日・利用時間

開館日

月曜日から日曜日まで 毎月1日は施設貸出公開抽選日です。

定休日

毎月第3月曜日・祝日
年末年始

毎月第3月曜日は館内整理日です。

利用時間 
(月曜日から土曜日)

午前9時から午後9時まで

児童図書室・あそびのへや・学習室・世代交流室
娯楽室は午後5時まで

利用時間 
(日曜日)

午前9時から午後5時まで 個人利用、貸出施設とも午後5時まで

施設案内

階数 個人利用 貸出施設 エレベーター
3階 体育室

ホール 
控室 

3階
2階

体育室入口・にじかけのへや
娯楽室・世代交流室

第2講習室
和室 

2階
1階

事務室(受付)・児童図書室・幼児室
こども学習室・あそびのへや・同和相談室

第1講習室 1階
地下 機械室  

来館者用駐車場はありません。

福祉設備

 福祉設備 有無 案     内
障がい者用駐車場・スロープ 利用する方は事務室にお申込みください
エレベーター エレベーター3階まで
だれでもトイレ(車椅子・オストメイト・乳幼児おむつ台) 1階に設置
授乳室(注釈1) 必要な方は事務室受付にお申込みください
猛暑避難所 猛暑時に避難施設に指定されています。
来館者用車椅子 必要な方は事務室にお申込みください

注釈1 授乳専用の部屋はありませんので、必要な方はお部屋をご用意します。

事業案内


事業案内

主な内容
乳幼児事業 乳幼児と保護者を対象とした事業を行っています。0歳児対象のすくすくクラブ、1歳児対象のすこやかクラブ、2歳から3歳までの幼児の時間と各3クラスがあります。定員は各クラスとも30組で費用は無料です。幼児の時間は毎週水曜日、すくすく、すこやかクラブは毎週木曜日に行っています。詳しい内容につきましては会館に直接お電話してください。
小学生向け事業 小学生を対象とした小学生チャレンジタイムを毎週水曜日午後3時から午後4時まで行っています。内容は体育遊び、工作、ゲームなど行っています。参加費用は無料です。7月にこどもえんにち、8月に夏休み工作教室、3月の春休み期間中に大型イベントを実施しています
成人向け事業 趣味と教養、体育の向上を図るため、各種教室を開催しています。昨年度はフラワーアレンジメント教室、茶道教室、水墨画教室、デジタルカメラ教室、フォークダンス体験教室を実施しています。毎年10月には社会福祉会館を利用する自主サークルの発表、展示として文化祭を開催しています。毎週月曜日にリフレッシュ卓球、火曜日と金曜日はバドミントンを行っています。
高齢者向け事業 毎年、民謡教室、歌謡教室、新舞踊教室の講習会を行っています。60歳以上の方で登録をすると娯楽室が利用できます。娯楽室では毎週水曜日カラオケの日を行っています。娯楽室では、カラオケ、舞踊、歓談ができるお部屋として開放しています。12月には娯楽室利用者による年忘れ演芸会を開催しています。
人権啓発事業 10月に人権啓発、地場産業の紹介、地域の歴史や交流を目的に社会福祉会館、都立皮革技術センター、産業教育資料室きねがわの三所合同イベントとなるきねがわスタンプラリーを開催しています。12月の人権週間には乳幼児と保護者対象の親子でハッピータイムのイベントを行っています。また、一般の方を対象に人権講演会や皮革工芸教室などを実施しています。館内には常設のパネル展示や皮革製品の紹介などを展示しています。

同和相談事業

同和問題に関する相談業務を同和相談室で行っています。
個人利用 幼児室には乳幼児と保護者、児童が楽しく遊べるように各種遊具を備えています。あそびのへやでは会館にあるゲームなどを貸出しています。児童図書室には、主に幼児から小中学生向けの図書を備え、閲覧と貸出をしています。こども学習室は小学生の自習ができるようお部屋の貸出をしています。世代交流室は小学生が歓談できる部屋として貸出しています。にじかけのへやはフリースペースとなっています。体育室はこどもからおとなまで30分単位で卓球、バドミントンの練習の場として開放しています。各施設とも費用は無料です。
貸出施設 会館には無料で利用できる施設のほかに、有料で貸出している施設があります。ホール、第1講習室、第2講習室、和室の4施設は団体等の活動、会合、発表会の場として1時間単位で貸出しています。施設を借りる際には墨田区公共施設利用システムの利用の登録が必要です。

個人利用施設案内

個人利用の方は受付で名簿にお名前と利用施設名をご記入ください。
個人利用で貸出している施設はお電話でのご予約はできません。直接来館していただき1階事務室で受付してください。
体育室は主催事業により個人利用ができない日もあるので、ご利用の際は会館にお問い合わせください。
個人利用で貸出する施設(卓球、バトミントン、こども学習室、世代交流室)は30分単位の貸出となります。


施設区分

利用時間 対 象 施設区分 利用時間 対 象

幼 児 室

午前9時から
午後5時まで

乳幼児と
保護者

体 育 室
(貸出)

午前9時から
午後9時まで

小学生から
大人まで
(30分)

あそびの
へや

午前9時から
午後5時まで

小学生まで

にじかけの
へや

午前9時から
午後5時まで

小学生向け
フリースペース

児童図書室

午前9時から
午後5時まで

小学生

娯楽室

午前9時から
午後5時まで

60歳以上で娯楽室利用登録している方

こども学習室
(貸出)

午前9時から
午後5時まで

小学生(30分)

世代交流室
(貸出)

午前9時から
午後5時まで

小学生(30分)

体育室は、午前9時から午後9時まで利用できます。小学生から高校生の方は午後5時まで.
大人の付き添いがあれば午後9時までの利用となります。
会館では卓球ラケットを無料で貸出しています。
バトミントンラケットは小学生までの方に貸出しています。
児童図書室と1階ロビーにある大人向けの本は、大人の方も借りることができます。1人3冊まで1週間貸出しています。

有料貸出施設のご利用について

申請方法

墨田区公共施設利用システムにて申し込みができます。
申請には墨田区公共施設利用システムの登録が必要です。
施設の仮予約をした日から1週間以内に本申請がない場合、自動的に予約が取り消されます。
利用日の三か月前の1日から申請ができます。

予約の取り消し 

利用する日の5日前までの取り消しについては使用料金を返還します。
利用の取消の際は申請者のご印鑑と承認書と領収書をお持ちください。

貸出時間 

1時間単位でお部屋を貸出しています。
利用時間は午前9時から午後9時まで(日曜日は午後5時まで)

墨田区公共施設利用システム

以下のリンクから公共施設利用メニューに入れます。

使用料金

貸出施設

面積
(平方メートル)

定員

区民
利用料金

区民
冷暖房料金※

区民外
利用料金

区民外
冷暖房料金※

ホール 153.6 190人 880円 330円 1320円 490円
第1講習室 70.8 30人 270円 160円 400円 240円
第2講習室 65.7 20人 270円 160円 400円 240円
和 室 37.5 15人 270円 160円 400円 240円

※冷暖房期間6月15日から9月30日、11月15日から3月31日

 事業報告

平成29年度開催事業(定例事業を除く)
・5月8日、5月22日、5月29日、6月5日、毎週月曜日、全4回、民謡教室を開催しました。
・7月27日(木曜日)こども人権まつりを開催しました。
・8月26日(土曜日)夏休み工作教室を開催しました。
・9月14日から10月26日まで毎週木曜日、全7回、歌謡教室を開催しました。
・9月21日、9月28日、10月5日、全3回、デジタルカメラ教室を開催しました。
・10月13日(金曜日)から10月15日(日曜日)の3日間文化祭を開催しました。
・10月15日(日曜日)きねがわスタンプラリーを開催しました。
・12月7日(木曜日)人権週間事業乳幼児と保護者を対象に「親子でハッピータイム」を開催しました。
・12月9日(土曜日)人権週間事業「木下川の歴史と皮革のDVD上映と皮革工芸教室」を開催しました。
・12月9日(土曜日)人権週間事業墨田区出身の探検家関野吉晴氏による人権講演会を開催しました。
・12月15日(金曜日)「フラワーアレンジメント教室」を開催しました。
・12月20日(水曜日)娯楽室利用者による「年忘れ演芸会」を開催しました。
・12月20日(水曜日)小学生向けの事業として「ビンゴゲーム大会」を開催しました。

きねがわスタンプラリー

きねがわスタンプラリーは、人権の啓発を広くPRすること、皮革・油脂関連の地場産業の理解と振興を図ること、地域の交流とコミュニティの活性化を目的に社会福祉会館、都立皮革技術センター、産業・教育資料室きねがわの三つの事業所と財団法人東京都人権啓発センター及び地域町会のボランティアの協力と地場産業からの協賛を受けて三所合同イベントとして平成27年(2015)からはじめました。三つの事業所の所在地である東墨田地域は、往古より木下川(きねがわ)と呼ばれていたこともあり、歴史ある地名を取って、きねがわスタンプラリーと名付けました。平成29年(2017)10月の第3回目になるスタンプラリーでは、会館の文化祭も同時開催し、当日は雨と天候状況が悪い中、大勢の方たちがスタンプラリーに参加してくださいました。スタンプラリー参加者は各施設での展示や催しものを楽しんだり、皮革工芸を体験したあと、ラリーを完遂した方には、皮のポーチ、皮のめがねふき、洗濯石鹸などきねがわスタンプラリーに協賛していただいた多くの参加賞を受け取り、盛況の中、イベントは終了しました.

きねがわスタンプラリー合同イベント

きねがわスタンプラリーで合同イベントをした事業所のリンク先

人権週間事業

人権講演会

会館では毎年12月の人権週間に講演会を開催しています。平成29年度は墨田区出身の探検家関野吉晴氏をお招きして 「グレートジャーニーの旅から足元を見直す」をテーマに人権講演会を開催しました。講演がはじまり、グレートジャーニーの映像を観た後、東墨田の皮革の話やグレートジャーニーで出会った人たちのお話しを講演していただきました。

皮革工芸教室

平成29年度は来年の干支犬のキーホルダー作りと木下川の歴史と皮革のDVDを上映しました。皮革工芸は犬のキーホルダーと皮に好みのデザインの刻印を打つ人、自分のネームを刻印を打つ人などに分かれ、それぞれ手作りの皮革キーホルダーを完成しました。

所在地、交通案内

所在地

東墨田二丁目7番1号

電話番号

3619-1051
すみだマップ
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。バリアフリーマップ(外部サイト)

交通案内

東武線「小村井駅」15分、京成線「八広駅」15分
最寄のバス停は「社会福祉会館前」「八広三丁目」

お問い合わせ

このページは人権同和・男女共同参画課が担当しています。

本文ここまで