このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

大切にしていること

更新日:2016年4月7日

からだづくり

1階2階に園庭があり、一日中元気いっぱい身体を動かして戸外遊びを楽しめます。朝は、保育園みんなで「朝体操」に取り組んでいます。身体づくりの集大成の一つに、年長児クラスは運動会で荒馬踊りを披露しています。小さい頃から憧れの姿、そして職員による太鼓、篠笛と共に、年長組三十人が気持ちと身体を一つにして踊る荒馬踊りは圧巻です。涙なしには見ることができません!!

年長児による荒馬踊り

年長児による荒馬踊り

保護者同士のつながり、保護者との共育て

保護者との共催になる「親子であそぼう会」を年に数回開催しています。親子で楽しい時間を過ごしてもらおうと、「親子で」「保護者のみ」など毎回趣向を凝らした内容になっています。また、講師を招いての講演会や保護者主催の人形劇を行なっています。保育園では絵本を通した親子のふれあいの時間にと、絵本の貸し出し文庫を行なっています。保護者同士、保育園とのつながりを深めています。

親子であそぼう会

親子であそぼう会

歴史と伝統 スタートは青空保育から・・・

大正10年(1921年)6月、第1号の公立託児施設が江東橋保育園の前身です。卒園式で歌われる「おもいでのアルバム」は、歴代園長増子としさんが作詞したもので、今も歌い継がれたくさんの子どもたちが巣立っています。歴史と伝統を大切にしながら、地域に愛される保育園づくりを今後も目指していきます。

4歳・5歳児による給食交流

4歳・5歳による給食交流

お問い合わせ

このページは子ども施設課が担当しています。

本文ここまで