このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

空襲体験画ギャラリートーク&平和祈念コンサートを開催します

更新日:2017年2月17日

すみだ郷土文化資料館では、3月10日の東京都平和の日にあわせ、空襲体験画ギャラリートーク&平和祈念コンサートを開催します。

開催概要

 すみだ郷土文化資料館では、8月と3月の年2回、新規ウインドウで開きます。東京空襲体験画展示コーナーにおいて、自らの体験を通じて戦争の悲惨さや平和の大切さを語るギャラリートークを開催してきました。しかし、体験者の高齢化により、自らの体験を語ることができる話者が減少し、空襲体験の継承の責務が次世代に委ねられる時代が到来しつつあります。こうした時代状況を踏まえ、戦争体験世代と非体験世代のお二方による絵画を用いた戦争体験の伝達と継承の試みを紹介する、特別企画「体験画を通して見た戦争−東京空襲・沖縄戦・戦争孤児」を開催します。
 また、新日本フィルハーモニー交響楽団員の吉鶴洋一氏等をお招きし、同氏プロデュースによる平和祈念コンサートを同時開催します。

特別企画「体験画を通して見た戦争−東京空襲・沖縄戦・戦争孤児」」

星野 光世
戦争体験世代として、ご自身を含め、多数の戦争孤児の体験を描いている星野さんにお話しいただきます。
井上 裕之
戦争非体験世代として、元NHK沖縄放送局デスクで、沖縄戦を体験した市民から多数の体験画を収集し、テレビ等で紹介した実績をお持ちの井上さんにお話しいただきます。

平和祈念コンサート

山本 のりこ(ヴァイオリン)・古日山 倫世(ヴァイオリン)
吉鶴 洋一(ヴィオラ)・吉鶴 ゆか里(ピアノ)
※曲目については、以下の「コンサート・プログラム」をご覧ください。

開催日時等

日時 3月11日(土曜日)午前10時30分から午後1時まで
会場 すみだ郷土文化資料館(向島二丁目3番5号) 2階 展示室
定員 先着40名 事前に電話でお申込みください(電話:03-5619-7034)
費用 入館料100円
   中学生以下と身体障害者手帳、療育手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページはすみだ郷土文化資料館が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

安全・安心情報

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで