このページの先頭です
このページの本文へ移動
キーワードから探す
  • 音声読み上げ・文字拡大
  • Multilingual
  • 区役所への行き方
  • サイトマップ
サイトメニューここまで

本文ここから

特集展示「墨堤のさくらと江戸・明治」を開催しています

更新日:2017年3月18日

展示概要

 隅田川の大堤は江戸時代初期には作られていたことがわかります。本格的な植桜は、享保2年(1717)に八代将軍吉宗の命による、木母寺から隅田村の境までの植桜であるといわれています。墨堤の桜は江戸時代に名所としてすでに著名で、明治以降に引き継がれました。
 本展示では、当館が所蔵する隅田川の桜の浮世絵を中心に、絵図や写真資料を交え、墨堤の桜の江戸時代、明治時代の様子を紹介します。

開催期間

平成29年3月18日(土曜日)から5月28日(日曜日)まで

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日

毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、毎月第4火曜日

入館料

個人100円、団体(20人以上)80円、中学生以下と身体障害者手帳、療育手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料

会場・問い合わせ先

すみだ郷土文化資料館(向島二丁目3番5号) 電話:03-5619-7034

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページはすみだ郷土文化資料館が担当しています。

本文ここまで